piatto

日本古来の文化を大事にした、小さい敷地でも建てられる「casa piatto(カーサ・ピアット)」

憧れの一戸建てに、皆さんは何を望むだろうか。小さな子どもをいつでも見守りたい、どんな天候の時でも快適に過ごしたい、地震に強く安心して住める家がいい、などニーズは様々だ。そんな様々なニーズに応えるような住宅が、今回紹介する「casa piatto(カーサ・ピアット)」という住宅だ。この「casa piatto(カーサ・ピアット)」は住む人の事を考えた様々なこだわりある住宅なのである。

日本古来の「平屋」は快適・安全な家

casa piatto の最大の特徴は、2階を作らない日本古来の平屋構造であるという点だ。一時は土地の狭い首都圏に住宅を多数建造するため、2階・3階建ての住宅が多く建造されたが、耐震性能の高さや風情のある佇まい、子どもが独立しても2階を持て余す心配がないなどのメリットが再認識され、平屋建ては人気を取り戻しつつある。casa piatto はその耐震性はもちろん、屋根の軒を長くすることにより太陽光や暴風雨から人と家を守ってくれる様な作りになっているのだ。雨の日などは窓を開けられずじめじめとしがちだが、こうした工夫のおかげで雨の日にも空気を入れ替え、快適に過ごすことが出来るのである。

常に家族とのつながりを持てる平屋の家

casa piattoはどんな世帯でも快適に過ごせるような工夫がされているという点も魅力の1つと言える。家の中心部のLDK部分は360度全方位が見渡せるような仕組みになっている。料理をしながら家族とのコミュニケーションが取れる・手が離せない仕事をしている時も小さな子どもなどを見守れる、などといった常に家族とつながりを持てるという点もこの家に住むメリットだ。さらに室内の天井と屋根の軒のカラーリングを統一し、室内と室外の景色の調和を楽しむことが出来るのもこの家ならではの特徴の1つと言えよう。

防犯などの機能性にも優れた安心感のある平屋

安全性や住みやすさの他に、機能性に優れているのもcasa piattoが選ばれている理由の1つだ。リビング以外の個人の居室にはスリット窓が採用されている。わずか21センチの幅ながら光や風をしっかりと取り込むことができ、何より侵入も困難でプライバシー保護性能にも優れた非常に防犯効果の高い窓だ。さらに家の15%を占める収納スペースの多さも魅力の1つである。一般的なマンションでは収納スペースは家の広さの約6%程度と言われており、家族の思い出の品を沢山残しておける機能性にも優れた住宅なのだ。

いつまでも快適に過ごせる平屋・casa piatto

ここまでcasa piattoの魅力を伝えてきたが、まだまだ書ききれない魅力が沢山ある。モデルハウスがある地域の方は、モデルハウスを実際の目で確認するとイメージがより膨らむだろう。モデルハウスが無い地域の人でも公式ホームページにはここの魅力を伝える読み物が充実している。その記述などを参考にし、これから住宅購入を考えている人は、ここを選択肢に入れてみるのもいかがだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。