realestate

税制優遇もある長期優良住宅の「casita(カシータ)」で賃貸経営・不動産投資

賃貸経営や不動産投資を行うとなると、なるべきならば条件の良い、収入がしっかりと入る賃貸物件を選んで行いたいと思うことだろう。そのような際におすすめされる物件が、長期優良住宅に該当し戸建賃貸住宅である「casita(カシータ)」である。長期優良住宅とは何であり、そのような人に対してどのような利点があるのか、そして「casita(カシータ)」とはなにかを解説。

長期優良住宅とは

従来、住宅は築年数が経っていけば古くなり、建て替えるということが通常だ。しかし、安い住宅を購入して、数年後、劣化してすぐに建て替えるということを繰り返していては、費用も高くつくうえに、環境面でもよいとは言えないだろう。これらの問題を改善した住宅が長期優良住宅である。長期優良住宅とは、「古くなった建物を建て替える」というスタイルの住宅ではなく、建物の寿命を延ばすことを意識し、建物解体による環境負荷を減らし、数十年という長い目で見ても物件の資産価値を高めていくという住宅のことだ。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅を活用することは、賃貸経営・不動産投資をする側にとってもメリットがあるが、入居者にとってもメリットのある住宅だ。入居者にとっては、大地震でも壊れないレベルの地震に強い家に住むことができて安心できるほか、気密性・断熱性が高く冷暖房を使わずとも快適に暮らせるため、ランニングコストを節約することも可能というメリットがある。賃貸経営・不動産投資をする側にとっては、可変性が高い住宅なのでリフォームがしやすく将来にわたって柔軟に対応できるというメリットがある。また、税制優遇は、コストを抑えることができて大きなメリットだ。

賃貸経営・不動産投資におすすめのカシータ

長期優良住宅は賃貸経営・不動産投資において非常にメリットが大きい。その長期優良住宅を戸建賃貸住宅として建てることができるcasita は非常におすすめの物件である。casita の物件は、長期優良住宅としての条件を満たした物件を作り出し、高稼働率を誇っている。また、単に長期優良住宅というだけではなく、クオリティが高く、デザイン性も優れているので、入居者も多く、その他の戸建賃貸住宅と比べても優位性がある。

長期優良住宅で賃貸経営・不動産投資をお得に

長期優良住宅とは、従来の建物の在り方を変えた建物であり、できるだけ長く建物を長持ちさせることを意識した建物だ。また、ランニングコストも安く税制優遇を受けることができるなど、入居者にも賃貸経営・不動産投資をする人にとってもメリットの大きい建物である。「casita(カシータ)」は、長期優良住宅をデザイン性もクオリティ高く作成しており、稼働率も高く非常に人気がある。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。