piatto

「casa piatto(カーサ・ピアット)」が子供の成長にいい影響を与える理由

生涯独身や夫婦2人暮らしなどの多様な生き方が増えてきた現代で、戸建てを購入するということは安定した環境の中で家族の成長を見守っていくという覚悟を意味する。そうとなれば、やはり子供の成長にも配慮された住宅を選ぶべきだろう。

日本では古くからの建築様式ではあるものの、現代では珍しくなってきた平屋という住まい。2階を造らないことで動線をスムーズにし、家族が顔を合わせる機会を増やしてコミュニケーションの幅を格段にアップさせた「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、実は子供の成長にもいい影響を与える住まいだという。

中心にあるLDKが、人見知りを軽減する

家の中心にLDKを設置することで、人が自然と集まる空間を実現。両親の友人、祖父母、学校の先生などさまざまな人と顔を合わせる機会が家の中心に生じることによって、子供も基本的な挨拶を交わすことを覚え、対人コミュニケーションに抵抗がなくなり、人見知りに強くなる。

成長によって減っていってしまう家族間の会話も、避けて通れないLDKのおかげで円滑に。LDKを中心に動線が組まれていることから、帰宅時もお風呂から出た時も、家族の存在を感じることができる。

人の人格形成は3才までに形成されると言われているが、小さい頃から広々とした空間で家族の温かみを受けて育った子供は、きっと対人恐怖心のない素直な子供に成長するだろう。

軒の長い屋根が自然を身近にし、感受性を育む

地面と水平に広がる屋根が雨風から家を守ってくれるから、子供を安心して軒下で遊ばせることができる。暖かい陽の光によって自律神経が整えられ、心地いい風で気持ちが安らぎ、子供は自然から日本の情緒やさまざまなことを学ぶだろう。

近頃は室内でテレビゲームを使って遊ぶ子供が多いが、一般的な住宅よりも開放的な軒下があるおかげで意図せずとも日本の四季が目に入り、感受性を育んでくれる。秋には虫の鳴き声、冬は深々と降り積もる雪に触れるなど、五感を刺激しよう。

収納スペースが片付けの習慣を体にインプット

片付けが得意な人もいれば苦手な人もいると思うが、ほとんどは幼少期の習慣が体に染み込んだもので、子供はおもちゃの出し入れなどを通して”片付ける”ということを学んでいく。そんな習慣作りを助けるのがcasa piattoに設置された全体の15%を占める大収納スペースだ。家族の思い出の品から子供のおもちゃ、洋服、趣味の道具までありとあらゆるものを仕舞うことができるスペースは、どこにどう置けば無駄なく空間を活用できるかを考えさせてくれる。

 

子供がのびのびと暮らせる住宅選びを

親の躾はもちろんだが、子供の成長はひとり立ちするまでに過ごす環境にも少なからず左右されるだろう。環境をしっかり整えて余裕のある子育てをしたい方に、日本の情緒と家族間のコミュニケーションを考えて設計された「casa piatto(カーサ・ピアット)」は最適だと言える。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。