piatto

永年満足の平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」を検討中の人に捧げるメリット・デメリット

時代の変化に適応するために進化していった建築様式の中で、現代では珍しくなった平屋という選択肢。平屋はもともと日本古来の住宅形式で、2階を造らない住宅構造は地震の多い日本の風土に適している。

そんな「casa piatto(カーサ・ピアット)」だが、耐震面などのメリットがある一方で、家族のライフスタイルによってはデメリットになる箇所もあり得る。今回は、マイホーム購入を検討している方のためにメリット・デメリットをご紹介する。

家族を全方位から見渡せるLDK

2階のない平屋は、家族がどこにいてもその存在を感じることができ、コミュニケーションが捗るというプラス面に。特に家の中心に設置されたLDKは家族を360度全方位から見渡すことができ、家族の距離感がグッと近づく。子供が小さい時などは平屋で目が行き届くことから、夫婦の時間も取りやすいだろう。

しかし、家族の存在が近くに感じやすいということは、同時にプライバシーを確保しづらいということにもなり得る。それぞれの時間を重視するプライバシー重視派の家族にはあまり適さないかもしれない。

 

全体の約15%を占める大収納スペース

両親と同居していたり、子供が多く荷物が多い家庭にとっては収納スペースはありがたいもの。思い出の品や衣替え用の洋服を仕舞っておくなど用途は多岐にわたるが、ミニマリストな家庭にとってはどうだろうか。実際には使う機会がなく持て余してしまい、結果的にスペースが勿体無いことになってしまう可能性も。アイデア次第で趣味の空間にしたり、愛犬の部屋にしてしまうなど、ある程度の柔軟性は必要だろう。

 

わずか21cm!防犯面に特化したスリット窓

casa piattoは、リビング以外の居室の窓にわずか21cmのスリット窓を使用している。到底人が入れる隙間ではなく、防犯面では抜群の効果を発揮するだろう。風や光も程よく注ぐことで心地よい室内環境も実現している。

しかし、狭い窓が好きではない人、寝起きには眩しいほどの朝日を思う存分浴びたい人には少し物足りないかもしれない。また、神経質の方には窓が狭いことによってより視界に入る物陰が気になるということも。自身にこの環境が適しているか、防犯面以外の面で慎重に判断する必要がある。

 

住宅も一長一短!後悔のない選択を

人間も十人十色のように、住宅にもそれぞれ特徴や個性がある。メリットがあるということは、その裏側には少なからずデメリットが存在しうるということ。ついつい良い面ばかり見えてしまいがちだが、その反対も考慮して十分に検討する必要がある。後悔のない選択をして、理想のマイホームライフを送ろう!

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。