japanarchitecture

京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所(おんどころ) 岡崎 」2018年4月28日オープン。

株式会社ワコールは、2018年4月28日に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所(おんどころ) 岡崎 』を京都・岡崎にオープンする。

「京の温所」は、長年、住居として利用されてきた京町家の価値・特性を活かしながら、現代生活が共存する住空間としてリノベーションを施し、泊まるだけではなく、まるで京都に暮らしているかのような“あたらしいもうひとつの日常”の滞在体験を提供する宿泊施設。東京・青山の複合文化施設スパイラルを運営するワコールならではの視点で京都の魅力を発信する。

皆川明や中村好文など一流クリエイターが参加

「京の温所」はネーミングとコンセプト、ロゴデザインの監修をデザイナーの皆川明氏が、2018年夏以降にオープン予定の2、3軒目の宿泊施設に関する設計とディレクション業務は建築家の中村好文氏が担当。また、ロゴマークの制作やデザインは、アーティストの望月通陽氏とデザイナーの山口信博氏が担当する。

一軒目となる「京の温所 岡崎」は、周囲に平安神宮や美術館など京都を代表する観光名所が立ち並び、市内観光の起点としてもアクセスの良いエリアに位置する閑静な住宅街の中にある。長期滞在を想定したダイニングキッチンがこだわりのひとつで、キッチンツールや花器をはじめとする日用品を用意し、能動的に京都での日常を楽しむきっかけを随所に備えることで、より鮮明な旅の記憶として残るひとときをお過ごすことができる。

ひとつの旅が暮らしの深呼吸のように感じられるひととき

「ひとつの旅が暮らしの深呼吸のように感じられるひととき」がコンセプト。いつもの日常を京都という文化や環境のなかで過ごすことで、日常の安堵感と旅の開放感や特別な体験ができる宿。「京の温所」に滞在する人たちが集い、心安らぐあたたかな時間を共有することで生まれるもうひとつの日常を提供する。

長期滞在に対応した、こだわりのダイニングキッチンを完備。

使い勝手のよいキッチンツールを常備している。

お風呂は高野槇を使用。

スパイラルのセレクトらしく、暮らしに取り入れやすいアートピースを用意。

坪庭を見ながら寛ぎの時間を過ごす、掘りごたつ付の和室もある。

手入れの行き届いた坪庭に癒される。

ベッドルームには上質なマットレスや寝具を備えている。

 

『京の温所』は今後、京都市内に順次展開し、2018年度中に4軒の開業を予定。

職住一体の空間として長く利用されてきた京町家は、京都の都市景観を特徴付ける建築物だが、所有者の高齢化に伴って老朽化物件や空き家が増加しており、地域や行政にとって深刻な問題となっている。そこを観光客に印象深い滞在体験を提供するだけでなく、歴史的価値のある京町家・古民家を保全・有効利用しつつ、地域の生活環境改善やコミュニティ形成に活かす。

京の温所・岡崎

所在地:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町91-85
アクセス:地下鉄東西線 東山駅より徒歩5分
開業日:2018年4月28日
料金:一棟60,000円~180,000円(税別、人数と時期により変動)
URL : http://www.kyo-ondokoro.kyoto/

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。