housebuilding

マイホームを建てるなら建築家に設計してもらって満足する家づくりを!

これから長い期間住み続ける予定のマイホームを建てるなら、プロの建築士にしっかりとデザインしてもらうべきではないだろうか。建築士の手を借りるかどうか迷っている人は、どんなメリットが存在するのか一度立ち止まって考えるべきである。叶えたい希望がある場合や、予算に応じてクオリティを高めたい人は、想像を巡らせてみよう。

細かい要望を反映させたい場合

マイホームを建てるなら、長く住めるような機能性の高い家にするのが普通だ。建築士にデザインを頼んだ場合、備え付けのクローゼットを増やして収納力を高くしたり、のびのびと過ごせるような間取りにできる点が魅力である。趣味を楽しむためのトレーニングルームや防音部屋の設置を考えている人にも、メリットは大きいはずだ。しかし注目したいポイントはそれだけではない。災害が起きた時の事を考えて、丈夫な家にしたいと考える人も多いのではないだろうか。高齢の両親や小さな子供と一緒に住む場合だと、特に防災面は気になるはずだ。そういったもしもの時の事を不安に思うなら、プロの建築家にデザインを考えてもらうべきである。

個性的な住居にしたい場合

他の人の家と同じような家を建てたくない場合は、建築家に頼んでデザインしてもらうと良い。一般的な注文住宅は、リーズナブルな価格で購入できる点と、決まった期間で手早く仕上げてくれる点が大きなメリットとなる。しかしその代わり、どれも似たようなデザインになってしまうのがデメリットだ。そういった点が嫌な人は、自分の好みや趣味を反映してくれるように建築家に頼んでみると良い。マイホームを建てる機会は人生で限られている。長く愛着を抱けるよう個性的な家にしたいなら、建築家に相談するべきである。

中間的な立場で適切なアドバイスをしてくれる

マイホームを建てる際の作業は、工務店が行うのが一般的だ。その際に建築家がいてくれると、第三者の立場で作業をチェックしてもらえるのが良い。一般的な方法でマイホームの建築を依頼した場合は、設計通りに建てているかのチェックが、きちんとされていない可能性もある。慣れで小さな手間を省いてしまったり、必要な確認を怠ってしまうケースもあるだろう。そういった些細な問題が積み重なる事で、できてしまったマイホームが思うような家と違うという事もあるため、安心できる第三者に設計通りに建築が進んでいるかどうかを、確認してもらう事が大切である。

マイホームを建てるなら建築家を頼ろう

高いお金を出してマイホームを建てるなら、建築家にデザインの依頼をした方が失敗が少なくなるのではないだろうか。デザイン性やクオリティの高い家にしたいなら、自由に要望を取り入れてもらえるようにしなければならない。工務店の作業をチェックをするという意味を考えるだけでも、建築家の存在はかなり大きくなるはずだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。