sole

家計にも優しい住宅「casa sole(カーサ・ソーレ)」が目指す本当にエコな暮らし

電気代の節約になるからと、太陽光発電を設置する家が増えている。確かに太陽の光は自然からの贈り物であり、上手に使えばエコな暮らしを実現できる。ただ住宅によっては、太陽光発電のメリットが十分に生かされていないことも多い。「casa sole(カーサ・ソーレ)」は太陽光発電による直接的な光熱費削減だけでなく、住宅自体に機能性を持たせることで、さらなるエコを生み出しているのだ。

太陽光発電に最適な斜度を計算して作られた家

太陽光発電を設置するには、ただ単に太陽に向けてパネルを設置すればいいというものではない。発電量を大きくするためには、太陽との斜度を考えなければならない。casa soleの屋根は、太陽光発電に最適だと言われる30度の傾斜がついていて、しかも真四角の家は東西南北どの方向にも屋根を付けることができる。自宅の電力を太陽光発電で賄い、余剰電力を電力会社に売電すれば、月々の光熱費にかかる電気代はかなり浮かせることができるだろう。家庭によっては電気代が3分の1になるということも珍しくないのだ。

住宅に機能性を持たせてさらなるエコを実現

電気代を削減できるエコな暮らしを叶えているcasa soleだが、家の中でも自然を感じることができる。casa soleで使用されている床材は天然無垢のオーク材が使用されていて、玄関や柱・梁などにもふんだんに木材が使われている。こうした構造材は住んでいる人の気持ちを和らげるだけでなく、長く愛着を持って暮らし続けることができるというメリットもある。なぜなら、天然の木材は経年により色合いや風合いが変化していく。これは長く住み続けることでしか味わうことができない楽しみだ。思い入れのある家に長く住み続けるということは、地球環境にもやさしいエコな暮らしと言えるだろう。技術と天然素材が融合し、真のエコな暮らしが実現しているのだ。

自然を感じるエコな暮らし

電気代を削減できるエコな暮らしを叶えているcasa soleだが、家の中でも自然を感じることができる。casa soleで使用されている床材は天然無垢のオーク材が使用されていて、玄関や柱・梁などにもふんだんに木材が使われている。こうした構造材は住んでいる人の気持ちを和らげるだけでなく、長く愛着を持って暮らし続けることができるというメリットもある。なぜなら、天然の木材は経年により色合いや風合いが変化していく。これは長く住み続けることでしか味わうことができない楽しみだ。思い入れのある家に長く住み続けるということは、地球環境にもやさしいエコな暮らしと言えるだろう。技術と天然素材が融合し、真のエコな暮らしが実現しているのだ。

casa sole(カーサ・ソーレ)が叶えるエコな暮らし

casa sole(カーサ・ソーレ)の屋根は太陽光パネルに最適な傾斜がつけられていて、しかも東西南北どちらにも設置することができるため、誰でも太陽光発電のある暮らしを実現できる。他にも断熱材を家の内外に使用することで光熱費を削減し、ふんだんに使用した天然素材の床・柱・梁により、長い間愛着を持って住み続けることを可能にしたのだ。本当の意味でのエコな暮らしが叶うのがcasa sole(カーサ・ソーレ)だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。