sole

太陽光発電でエコな暮らしを実現する「casa sole(カーサ・ソーレ)」の魅力とは?

「casa sole(カーサ・ソーレ)」は光熱費のランニングコストを大幅に抑えることが可能だ。注目されている太陽光発電を使ってエコな暮らしが実現可能になる。casa soleの魅力はそれだけではない。太陽光発電を使用するだけでなく、断熱性や気密性など住宅の構造の細部にまでエコを重視した視点を持つことで、無理のないランニングコストの削減が可能だ。太陽光発電でエコな暮らしを実現する「casa sole(カーサ・ソーレ)」の魅力とはどういったものなのだろうか。

太陽光発電を使ったエコな暮らしとは?

casa sole が提案するエコな暮らしは至ってシンプルだ。casa sole は太陽光発電を使って、余った電力を売買することも可能である。住宅メーカーの多くは、太陽光発電をオーダーメイドとしているが、casa sole は太陽光発電とオール電化がデフォルトで設計されている。そのため、ランニングコストを特に意識することなく、大幅に削減することが可能なのである。四角形の超シンプルな外観からは想像できないが、ここまで徹底したコスト意識を持つ住宅メーカーは稀有ではないだろうか。

太陽光発電を最大限生かした住宅構造とは

casa sole の魅力は太陽光発電によるエコライフだけではない。casa sole は、断熱性、気密性を重視した住宅構造となっており、太陽光発電で蓄えた電力を無駄なく使用できる。世界で最高レベルの断熱性能である断熱材を使用しているcasa sole は、季節を問わず快適な住空間を実現している。また、24時間換気システムを導入することで更なる居心地の良さを提供する。高断熱、高気密を実現したcasa sole の住宅は、無駄なコストがかからず、無理のないエコライフが可能となっている。

太陽光発電にかかるランニングコストとは

太陽光発電にかかるランニングコストとは、一般的に「電気代」と「メンテナンス費用」である。まず「電気代」に関しては、casa sole で採用されている太陽光発電は、オール電化との併用により一か月あたり約4千円程度に抑えることが可能だという。また、使いきれなかった電気は電力会社に買い取ってもらえる。なお「メンテナンス費用」については、一般的に太陽光発電のメンテナンスは20年に1度と言われている。一方で、casa sole の外壁塗装は耐久性が高いため、30年に1度のメンテナンスで十分とされる。一回のメンテナンス費用が数十万円かかるとして、10年のインターバルの差は大きいと言えるだろう。

徹底的にランニングコスト削減を意識したエコ住宅

永く住み続けるほどお得な太陽光発電をメインとした「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、ランニングコストの徹底削減を目指している。太陽光発電とオール電化がデフォルト装備されているため、意識しなくとも運用コストが削減できてしまう仕組みである。casa soleの住宅に住み始めてから50年、60年と永いスパンで無理なく住み続けられるであろう。人生100年時代のいま、永く住み続けられる住宅というのは最大の魅力ではないだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。