cube

インテリアがモダンな雰囲気にスタイリングが決まる「casa cube(カーサ・キューブ)」

シンプルでカッコいいモダンスタイルの住まいを造るには、箱である住宅自体もモダンである必要がある。箱が全く違うテイストになってしまっては、中身と外側がちぐはぐになってしまい、ごちゃごちゃした印象になってしまうからである。「casa cube(カーサ・キューブ)」はインテリアを引き立て、よりおしゃれな住まいにすることが可能だ。今回はその「casa cube(カーサ・キューブ)」の魅力について紹介する。

四角というかたちの魅力

casa cubeは、あらゆるところに四角を用いている。平面の形、外観の形、そして室内建具も天井高まであるハイドアを用いることで、壁が四角の形になるようにしている。そのとてもシンプルな外観ゆえに、中には「シンプル過ぎて尖り過ぎている」「少し物足りない」などと感じる人もいるだろう。しかしながら、この四角という形はとても合理的で美しいものだ。耐震性がアップしたり、工事の作業効率がアップすることから低コストへとつながったり、メンテナンスが楽になるという利点もある。そして、家というものは決してその箱だけで終わるものではなく、外構が加わり、室内に家具が運ばれていくことで表情豊かになっていくものだ。その為、その箱自体はシンプルな方が最終的に丁度良い雰囲気になってくる。

美術館のように白い住宅

casa cube の内装は極めてシンプルである。壁の標準仕様は真っ白のビニルクロス貼りだ。さらに、casa cube の特徴として窓にはスリット窓のみ、基本的な彩光はトップライトから取る為、必然的に壁の面積が大きくなる。その為、壁はまさに大きな真っ白いキャンバスのようになるのだ。窓の位置などを気にすることなく家具を配置でき、壁には好きな絵を飾ったり、飾り棚を設けたりすることもできる。床材も標準仕様では白を基調としたフローリングで、オプションで無垢フロアや挽き板フローリングも選べるが、どれもモダンなインテリアが映えるような素材ばかりだ。内装がシンプルであれば、インテリアを引き立てることができる。階段はどれも見えることを前提として造られているものばかりなので、そのフォルム自体が美しく絵になる。だが、決して尖り過ぎることはなくほどよい存在感を与えてくれるので、インテリアをよりモダンに仕上げるのにも一役買ってくれるだろう。

casa cubeはシンプルモダンな住宅

これから家を建てようと考えているモダン好きの人にとって、「casa cube(カーサ・キューブ)」は一度見ておくべき家だと言える。casa cubeの持つシンプルさとそれでいて醸し出されている普遍的な佇まいは、長い年月過ごす住まいとして飽きも感じにくく、モダンも追及できる丁度良いバランスを兼ね備えている住宅となっている。誕生してから10年経った現在でもまだ進化し続けている「casa cube(カーサ・キューブ)」から目が離せない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家