piatto

全てが見渡せる間取り、長年住み続けても飽きのこない平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」

一戸建てのマイホームを考える時、様々な条件や希望が出てくる。その中で、長く住み続けられるシンプルで飽きの来ない家と言うのは、大切な要素となる。新居に抱く期待をミニマリスト的な視点で見つめ、本当に大切なものだけを考えていくと、日本古来の住まいの形である平屋の良さに気付く。これからご紹介する開放感ある平屋の家「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、大切な家族との時間が生活の中心になる様に設計されたシンプルな現代の平屋である。

長く快適に住み続けられる家

地震の多い日本で、昔から我々日本人に馴染みが深い平屋は やはり耐震面からみて安全性が高い。ワンフロアだから全てが手の届く場所にあり、日常生活の動きもスムーズ。咄嗟の時でも、すぐに飛んで行ける。小さな子供を持つ親には安心できる空間だ。casa piatto には平屋にありがちだった家の中心に風が通り難いという問題はない。まず、中心にあるLDKを囲む部屋の仕切りがない。障害となる壁が無いので風の通りが良く、これが益々開放感を大きくさせる。

動線が短いという過ごしやすさと平屋の機能性

マンションやアパートを出て、マイホームの新築を考える時、今までのワンフロアの生活を一新したいと思うかもしれないが、実はワンフロアの生活空間は一番合理的な生活空間なのである。2階を設けないと家は構造的に強くなり、地震や台風の時の安心度が高い。上と下という2つの空間が無いと、動線が短くなる。皆がワンフロアに生活すると、常に気配を感じて自然とLDKに集まるから 一家団欒の時間も増えるだろう。

子供がいなくなって、歳を取ってくると自然と2階は使わなくなる。しかし、メンテナンスだけは行わないといけないし、時々掃除も必要だ。歳をとってからの2階の管理は階段の上り下りだけでも大変になる。平屋なら全ての空間を満喫できる。casa piatto ならバリアフリーに改造の必要もない。

充実の収納スペース

2階に勉強部屋や趣味の空間がある生活をしていると、上下に生活空間を分けない平屋だと物が溢れるのではと思うかもしれないが、casa piatto なら心配は要らない。実に家の総面積の15%が収納スペースとして設けられている。多様な趣味を持っていても大丈夫、あちこちに何かが置いてあるという雑多な状態にはならない。ワンフロアに全てがあると ちょっとした物の移動もラクラク、掃除も簡単である。また、収納スペースに余裕があると片付けが楽しめるから、子供も片付けの習慣が身につく。余分な収納家具が必要無いので、家の中はいつも広々とした状態を保てて、必要に応じて部屋を様々な用途に使える。

正方形と長方形、2つの軸プラン

昔から日本人に馴染がある平屋は、今も尚人気である。その平屋の良さを凝縮し、現代の家族や夫婦のライフスタイルを考慮して、長期にわたって心地良く住める家、それが「casa piatto(カーサ・ピアット)」である。「casa piatto(カーサ・ピアット)」には、正方形タイプと長方形タイプの2つのプランを軸として、様々なタイプがある。きっと、それぞれの家族に合ったプランが見つかるはずだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。