amare

空間の表情を豊かにする障子。「casa amare(カーサ・アマーレ)」を例に障子の奥深さに迫る

昔ながらの家に必ず見られた障子。子どもの頃は、なんでこんな破れやすいものを使うのだろうと疑問に思っていたが、年を経てやがてその良さに気づく。

障子を開けば外の明かりが部屋の中に溢れ、障子を閉めるとちょうどいいくらいに日を遮り、ほどよい落ち着く明かりをもたらしてくれる。障子は明かりの調節としても使えるほか、外の世界と中の世界を隔てるちょうどよい壁のようにも感じるのだ。

外の景色を少し隠しておきたいけれど、カーテンなどで締め切りたくはない。そんな時は障子を閉めれば外のシルエットはそのまま、気配を感じながらも空間を区切ることができる。

障子のある暮らしは古くから日本人の暮らしに取り入れられており、カーサプロジェクトの「casa amare(カーサ・アマーレ)」にも活用されている。

モダンな雰囲気を出す太鼓貼り

障子紙は通常、片側の面のみに貼られるがcasa amareでは障子紙を両面に巻きつけるかのごとく障子紙を張り合わせる、太鼓貼りという方法を使っている。通常の障子は部屋の方から眺めると木枠が見えるが、太鼓貼りは両面に障子紙が貼られているので間接的に木が見えるようになっているのだ。そうすることで、木枠をシルエットのように映している。

従来の方法に一工夫加え、モダンな印象をつくりだす。casa amareでは太鼓貼りを用いることで洋の雰囲気を和とうまく調和させながら取り入れている。

外の世界を楽しむ雪見障子

雪見障子とは、障子の下の部分を上げ下げして、外が見えるようにした障子のこと。casa amare では、下だけでなく上の部分も上下できるように細工し、外からの光を上からでも下からでも取り入れられるようにした。

上を開けて昼間の暖かい光を採り入れるでもよし、下を開けて地面に降り積もる雪を眺めてもよいだろう。庭の世界も楽しめるよう、花を植えたり鉢植えを置いたりしても良さそうだ。

雪見障子は決して大きな枠ではなく、ちょこんと部屋に添えられているものだけれど、その枠一つで外の世界を繋がれたり、情緒を感じたりできる。古くから日本人が楽しんでいたその景色に、casa amare は面白みを足している。

窓ガラスにはペアガラスを採用

窓や障子はあかりを取り込んだり外の景色を楽しんだりできるが、断熱性を逃すという点もある。casa amare では窓ガラスにLow-Eと呼ばれるペアガラスを採用。ガラスの間には中空層と言われる6ミリの空気層が設けられており、これによって放射熱の移動を低減し、高い断熱効果をもたらしている。

また外に面するガラスの内側には特殊金属幕がコーティングされている。可視光線だけを通し、肌に悪影響を及ぼす紫外線や赤外線をほとんど遠さないため、赤外線をほとんど遠さない。そして結露の発生も抑制する窓ガラスであり機能的にも優れていると言える。

空間の表情を豊かにする障子の奥深さ

普段生活をする中で障子の存在をとりわけ気にすることは少ないが、静かながらも存在感を表している。障子が一つあるだけで空間の表情が変わり、明るさも調節でき、雰囲気をもつくりだすことができるのだ。

日本人が大切にしてきた情緒を、改めて思い出させてくれる障子。casa amare は日本人の心を忘れない、より日本人らしい家と言えるだろう。家の魅力を知れば知るほど、うたい文句「愛すべき日本の家」の意味が腑に落ちてくる。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」