sky

屋上を自由に使えるcasa skyは夏にぴったり!楽しむ3つの方法

屋上を使った贅沢な空間で、ラグジュアリーな時間を過ごせる家「casa sky」。様々な使い方ができるcasa skyだが、特に夏の季節はその楽しみ方が広がる。

ジャグジーをはじめ、ダイニングテーブル、ソファ、バーテーブル、リクライニングチェアなど、洗練されたインテリアが標準装備。屋上での過ごし方、楽しみ方の可能性が無限に広がる空間だ。

仲間たちとバーベキュー

夏といったら、やっぱりバーベキュー! casa skyの屋上が、最高のパーティー&グルメ空間に早変わりするだろう。

屋上にはダイニングテーブルやダイニングソファ、シンクだけでなく、バーナーコンロも備え付けられている。仲間たちとお酒を飲みながらバーベキューを楽しむもよし、普段はあまりできないような本格グリル料理に挑戦してみるのも良いかもしれない。

普通バーベキューといえば、海や川で行うことが一般的。調理器具やテーブルや椅子など、持ち物だけでも大変で、加えて近くで食材を揃えて……など、バーベキューが始まるまでの準備でかなりの時間と労力がかかる。

casa skyなら自宅の屋上で気軽にバーベキューすることができ、道具なども揃っているため煩わしい準備も必要ない。また外でのバーベキューは周りの目も気になるが、屋上ならその心配も無用。プライベートな空間で、仲間との時間を楽しめる。

快晴のもとでビアガーデン

夏のイベントといえば、ビアガーデンは外せない。快晴のもと、冷たいビールを飲み干す瞬間は何度経験してもたまらない。そんなビアガーデンも、たまには自宅で開催してみてはいかがだろうか。

レストランや特設のビアガーデン会場に足を運ぶことが多いが、たくさんの人で溢れていてなかなかお酒が運ばれてこなかったり、メニューが限定されていて時間が経つと飽きてしまったりすることもある。

そこで提案したいのが、自宅にお酒とフードを持ち寄って開催するホームパーティー。それぞれが飲みたいドリンクを持ち寄れば、ビールが少し苦手な人でも同じ空間で楽しめる。

屋上には自分たちしかいないのだから、少々飲みすぎても大丈夫……? 仲間たちと最高の時間を過ごせるに違いない。

 

また、夜には少し着飾ってみてもいいかも。好きなドリンクを持ち寄りこのバーチェアに腰掛ければ、屋上が極上のバー空間に。バーテーブルをはさんでときにさし向かいで、ときにスタンディングで、大人なひとときを。

子どもの友人を呼んでプール

屋上が最高のリゾート空間になるスカイバス。冬場は露天風呂としても使えるが、夏場はプールとして楽しもう。休みの日には友達家族を呼んで、子どもたちをプールで遊ばせて親はその横で食事をするのも良いかもしれない。

自宅でプールを設置するとなると、広い庭が必要。周り近所への気遣いもしなければいけないが、屋上のスカイバスならその心配は不要。子どもを思う存分遊ばせつつ、親の目の届く範囲にいるため安心して見守ることができるだろう。

もちろん、スカイバスを使うのは子どもだけでなく大人もOK。夫婦水入らずでしっぽりもいいし、家族でのんびりに浸かってもいい。昼間には青空を、夜には星空を仰ぎ見ながらの、至極のバスタイムを楽しむのも良い。

リクライニングチェアで気持ちよく日光浴

リクライニングチェア&サイドテーブルは、高級ヴィラのようなラグジュアリー感を演出。寝そべって好みのドリンクやデザートとともに過ごす場所として、もしくはヨガやピラティス後の身体を休息させるスペースとして活用してもいい。自分だけの贅沢な時間を過ごせる空間だ。

ドリンク片手に日光浴をしていたら、気持ちよくてついウトウト……なんてことも。くれぐれも、日焼けには気をつけよう。

夏こそ屋上を有効活用しよう

いくつか夏ならではの屋上の楽しみ方を紹介したが、いかがだっただろうか。casa skyの屋上なら、遠出が難しいから自宅でパーティーを楽しみたい、子どもの安全を第一に考えたい……などのきになる項目もクリア。

プライベート空間だからこその利点を利用し、夏こそcasa skyの屋上を活用してみてほしい。友人を自宅に招くコミュニケーションのきっかけにもなるはずだ。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。