cago

平屋の小さい家「casa cago(カーサ・カーゴ)」の特徴や魅力とは!?

家族と少しでも長く一緒にいたい時に平屋を選択するという人もいるだろう。そして、平屋に住む時には機能性が充実しているタイプを選びたいものである。casa cago(カーサ・カーゴ)]は、洗練された外観でおしゃれさを感じることも出来て、住みやすい機能も備わっている。casa cago(カーサ・カーゴ)の平屋の小さい家は、住む人のことを考えられた住宅だ。

casa cago の特徴とは!?

casa cagoの特徴は、住む人のニーズに合わせて組み合わせることが出来るという点だ。タイニーハウスという家を知っているだろうか。小屋のような、まさに小さな(タイニー)サイズの家のことだ。casa cagoは、タイニーハウスの魅力を更に凝縮して、無駄な部分は省き、必要な部分だけを組み合わせた家なのだ。6畳のスペースを活用し、ライフスタイルに合わせて自由に組み合わせることにより、小さくても住みやすい平屋住宅を実現させることを可能にしたのだ。

casa cago の魅力とは!?

casa cagoの平屋としての魅力は、ライフスタイルに合わせたプランを用意していることだ。カーゴ1つの「CABIN」は、趣味に没頭出来る小屋や離れとして建てることが出来るし、格納庫としても活用することが出来る。また、別荘や仮住まいとしても使える「CAFE」は、3つのカーゴを組み合わせ、広々としたウッドデッキが魅力だ。空いた時間で家族がのんびりと過ごすことも可能だ。休日は家で友人を招いて過ごしたいという時には、「DOUBLE WING」も良いのではないだろうか。8つのカーゴを並べて、中庭を挟んで左右に居室を構えているため、近隣の視線を気にすることはなのである。

8つのカーゴをコの字型に並べた「COURT HOUSE」はリビングからもダイニングキッチンからもウッドデッキが並べられ、解放感がある空間を得ることが出来る。そして、家族が多いという時には8つのカーゴを組み合わせた縦幅に広い「STICK」だ。その特徴は、幅広いウッドデッキで、テーブルやイスを並べて家族や友人と食事を楽しんだりすることが出来るのである。家族の人数や使い方に合わせたプランを選ぶことが出来るcasa cagoは、新しいタイプのタイニーハウスなのである。

casa cago で家づくりを楽しむ

casa cagoは、スッキリとした生活を楽しむことが出来る家だ。籠をイメージして付けられたカーサ・カーゴは単に小さいというだけではない。シンプルな籠のような部屋に、様々なアレンジを施すことが出来るのだ。アイデア次第で可能性は無限大なのである。タイニーハウスというのは、小さな暮らしをする小屋ではなく、自分らしく暮らせる家を実現することが出来る小屋なのだ。

自分だけの小さな世界を実現出来る家

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、自分の好みに合わせて自由に組み合わせることが出来る、タイニーハウスなのである。タイニーハウスというと、小さな小屋というイメージを持つ人も多いが、そうではないのだ。「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、無駄なことをすべて省くことにより、自分だけの小さな世界を自由な発想で造ることが出来る家なのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家