cago

平屋を理想の住まいへ。「casa cago(カーサ・カーゴ)」で叶えるあなただけの小さい家

家を買う。人生の中でも最も大きな買い物の一つだ。そこは毎日帰る場所。長く暮らしていく家だからこそ、家族が集まる場所だからこそ、帰るのが楽しみになるような家を。予算も、デザインも、ライフスタイルに合わせて無理もせず、妥協もせずに自分好みの家を建てることが出来たらどんなにいいだろうか。そんな理想の家作りを「casa cago(カーサ・カーゴ)」が叶えてくれる。

好きな家に暮らす

家と言えば大きなもの、だった時代は過ぎ、その大きさは変化をみせている。余計な物は持たない、最小限の暮らしを好む人が増えた事で、家の購入を考える人の中にはタイニーハウスや小さめの家にも注目する人も増加してきている。自ら小屋を作り、好みのインテリアと自分が必要なものにだけ囲まれて暮らす人もいる。自分で小屋を作るのは難しくても、好みの家で、好きなものに囲まれて暮らしたい。そんな生活を理想とする人は少なくないのではないだろうか。そんな夢の家をcasa cago でなら作れるかもしれない。

組み合わせて作る家

casa cago は1カーゴ6畳のカーサ・カーゴを欲しい形に組み合わせて作る自分だけの平屋の家。家族数に合わせて部屋数を決める。憧れだった趣味の部屋を持つ。仕事部屋を作る。自分が家に求めるあれこれを、自分で考えて決める事ができるのだ。1カーゴを1つの部屋として使う事も、2カーゴ、3カーゴと組み合わせて1つの大きな部屋にする事も可能だ。建築メーカーが商品として売り出している「出来上がった家」を買う事とは違うので、必要のない部屋はいらない、こんな大きさの家が欲しい、こんな形の家にしたい、そんな家作りの希望が可能になるのだ。

安心も手に入れる

自然素材でできたカーサ・カーゴの中は温かみのある空間になってる。シンプルな空間から自分の好みのインテリアを仕上げていくのも楽しみの一つだ。そのシンプルなカーゴの中で安全性ももちろん忘れてはいない。地震大国である日本ではその耐震性も気になるところだが、casa cagoの特徴であるカーゴという四角い形が地震への強さを発揮してくれる。また平屋というのも耐震性に優れている点だ。その他にも省エネ、劣化対策の機能性においても最高ランクを獲得している安心の家なのである。

casa cagoで作る理想の未来

家を心も体もほっとできる場所へ。その願いを実現できる「casa cago(カーサ・カーゴ)」。また、一度建て、暮らしていくとその価値は下がっていくという日本の住宅事情の現状の中で「casa cago(カーサ・カーゴ)」はメンテナンスのしやすさもまた強みの一つ。丁寧に手入れされた家の価値は下がりにくいもの。自分自身だけでなく、子供の代まで引き継いでいく事ができる。そんな安心の家で理想の暮らしをいつまでも。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家