skip

広いガレージスペースや大きめのクローゼットが魅力の「casa skip(カーサ・スキップ)」

「casa skip(カーサ・スキップ)」は、床の高さを半回ずつずらしていくスキップフロアと呼ばれる工法が用いられた建築である。建物外部に凹凸がなく外の空間を広くとれる構造になっていて、広いガレージスペースを確保して楽に駐車できるのだ。クローゼットのスペースが広く建物内部の収納も、わざわざ家具を購入したりせずに済む造りである。しかしどうしてそんなに広いスペースが確保できるのだろうか。

狭い空間を最大限に利用できるつくり

casa skip の特徴は、敷地面積が小さい場所に建てられ建ぺい率も高くなく、平らな壁面を持つ点である。狭い敷地に建つ家でも、十分なスペースのガレージを確保する方法がスキップフロア工法だ。家内部の特徴は外部とは逆に凹凸だらけで壁や扉がなく、空間を隔てないことで狭い家に広がりを与え住む人に息苦しさを感じさせない点である。天井高はフロアや場所ごとに異なっていて、クローゼットでは低くなっているのだ、手が届かず収納に使えない場所といった、空間的な無駄を取り除いているのである。

家全体に目や声が届き、移動の無駄も省ける

casa skip は壁や扉のない空間により、目線が遠くまで届き家族の様子が確かめられ、声が家族に伝わりやすい。段差によって目の合わせ方が斜めになる場面が増えて、ゆったりした気持ちで話せそうである。2階建ての家だと上下の階で聞こえにくいことも多いが、そんな悩みを解消しわざわざ相手の部屋へ行って伝える手間を減らしてくれるのだ。配達や来客がやってきてもインターホンの音も通りやすく、階ごとに複数のインターホンを付ける必要もない。食事やおやつを家族で食べる時、ちょっと買い物へ出かける時にすぐ知らせられて日々少しずつ時間を節約できるのだ。

都市部に2階建ての家を建てやすい

都市部には区域区分による高さ制限、建ぺい率制限等、住まいを建てるのに様々な規制がかかっているのだ。こうした法令をきちんと守るためにゆがんだ設計をし、結果として不便な住環境となる場合が多いのである。casa skip は設計時に無駄のないように調節するため、法令の制限をクリアしながら機能的な暮らしを都市部の家で実現できるのだ。加えて耐震性や劣化防止などの点でも、長期優良住宅基準の最高基準を満たす住環境である。アフターサービスも充実し長く暮らす際の不安を払拭しているのだ。

「casa skip(カーサ・スキップ)」がガレージや収納スペースを広くできるのは、スキップフロア工法のおかげ

「casa skip(カーサ・スキップ)」はスキップフロア工法によって空間を有効に活用した住まいである。その結果ガレージや収納スペースが広くなる嬉しい副産物がもたらされたのだ。保管できるスペースの広さはより大きな車の購入や、思い出の品を多く収納するのを可能にするのである。都市部で家を建てるなら、検討しておきたい住まいの形なのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。