carina

南欧風住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」は青空と太陽に愛される家。

近年「casa carina(カーサ・カリーナ)」などの南欧風住宅の人気が高まっている。

そもそも南欧とは東はギリシャからイタリアや南フランス、スペイン、ポルトガルなど主にラテン語系の言語を母語と人たちが住む、地中海沿いを指す。その中でも「casa carina(カーサ・カリーナ)」などの南欧風住宅は、主に南仏(南フランス)のプロヴァンスやコート・ダ・ジュール地方のテイストと言っていい。

南仏はプロヴァンスのテイスト

インテリア雑誌などに登場する「南欧風」とは、フランス南東部やローヌ 川からイタリアの国境にかけての地中海に面する地域「プロヴァンス」。強い日差しに映える白壁や瓦屋根のナチュラルなテイストの住宅が南欧風、プロヴァンス風と言った住宅だ。

その中でもcasa carina は、絶大な人気を誇る南欧風住宅で南欧のデザインやテイストだけでなく、陽気な気候や人々の気質が反映されているせいか、温かく開放的な雰囲気を持っている。

南欧の豊かな自然とともに生活し、家具や道具を補修しながら大事に使う。流行に左右されるのではなく、愛着を大切にする。casa carina は、そんな人々の知恵とぬくもりのある暮らしができる南欧住宅の特徴を受け継いでいると言えるだろう。

青空と太陽に愛される家

casa carina は、漆喰の壁や素焼き瓦だけでなく、建具やインテリアにも自然の素材が使われていて、数ある南欧風の住宅の中でも一目惚れされるかわいさまで身にまとった住宅である。こんな味わい深くてかわいい南欧風の家は、自然に青空と太陽に愛される存在になる。

木の扉や梁、無垢材やテラコッタの床、天然石のタイルなど、年月を経ることによって味わいが深まっていく「経年美」を楽しめる住宅で、住む人がさらに手を加えて育っていく。そこに住まう人に愛される家だ。

実際、casa carina に住む人の中には、ガーデニングを楽しむだけでなく色々なDIYで家具や雑貨を作ってしまう人もいる。住みての愛がcasa carina に投影されるのだ。

 

「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、南欧の良さをギュッと凝縮した住宅だ。青空と太陽に愛されることはもちろん、住まい手にずっと愛される存在。漆喰の白壁や赤瓦屋根の見た目に一目惚れしてしまうだけでなく、実際にそこに暮らしてしまうとそのまま家族と一緒に愛せる住宅と言えるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました