realestate

住宅ローンだけではなく事業ローンが使える戸建賃貸をインカム住宅として。

不動産投資に興味があっても、素人には敷居が高いと考えてためらっている人もいるだろう。確かに資金調達の仕方など良く分からないという場合も多い。そんな中、戸建賃貸住宅での不動産投資法のひとつとして注目されているのが、「インカム住宅」である。ここではインカム住宅の概要やメリットについて見ていくことにする。

インカム住宅って何?

一般的に戸建のマイホームを建築する場合には、自分たち家族が住む家を1棟建築して、住宅ローンを組んで毎月その支払いをしていくという形となる。それに対して「インカム住宅」は、同一の敷地内に複数の棟を建ててそのうちの一棟を自分の住居、その他を賃貸として貸し出すものである。収益併用住宅ともいわれ、入居者が入ることで継続的な家賃収入が得られるため、その収益を住宅ローンの返済に充てることが可能となる。不動産投資としても着目され、大きな利益が得られる可能性もある。

インカム住宅なら事業ローンでお金を借りられる

住宅ローンを組み一戸建てに居住する場合には、住宅の扱いは「資産」でなく「負債」となる。その理由には、維持費と税金などがかかることに加え、築年数が経つに従って建物の資産価値が大きく低下してしまうことにある。また住宅ローンの年数は長期に渡るため、長い年数の中では出費がかさみ家計支出が大きくなる時期も出てくる。そんな時期に出来るだけ収入を増やしたいという人にとって有益と言えるのが、このインカム住宅である。

インカム住宅は、資金の調達という面でも住宅ローンよりもはるかに負担が軽減できる。賃貸住宅として貸し出すことで、事業ローンとして借り入れが可能となるためだ。事業ローンにすると住宅ローンにはない様々なメリットが得られる。例えば、融資を受ける際の金利一つとっても住宅ローン金利より安いケースがほとんどである。金利が安ければローン終了までの期間が短縮出来る。また計画や収益性をきちんと提示すれば、審査が通りやすいという点も大きい。

場合によっては高収入も実現可能

賃貸の最大のリスクは空室問題だが、戸建賃貸住宅というのはそう供給数が多くはない。そのため希少性が高く、やや高めの賃料にしたとしても空室リスクは比較的少ないとされている。従って、高い利回りで運用できれば結果的に高収入を得ることも期待できるだろう。特に入居者が借りたいと思えるような住宅ならば尚更のことである。実際に住んでみての快適さも大切で、それらを充分に考慮して建てることが出来れば、長い年数入居してもらえ空室のロスタイムを軽減することにもつながる。

家を建てるときが投資チャンスとなるインカム住宅

ここでは、自宅を建築すると同時に不動産投資が出来るインカム住宅について解説してきた。インカム住宅には多くのメリットがあり、念願の戸建住宅を建てるタイミングが不動産投資実現のひとつのチャンスとなるだろう。マイホームを建てるの計画があるなら、その時の選択肢として考えておくことも出来る。資金面も考慮しておけばスムーズな計画実現が叶うはずである。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。