casa

「casa sole」はきっちり計算して設計されている住宅の断熱性能の指標、Q値とC値とは!?

快適な暮らしを営む上で重要な「部屋の温度」。

どんなに素敵なデザインでも、部屋が暑すぎたり、寒すぎたり、または息苦しいと快適とは呼べません。

しかし、それは季節やその地域によるもので1度や2度モデルハウスを訪れるだけでは知り得ない場合もあるかもしれません。できることなら、そこは重要なので家を建てる前に知っておきたい。
果たして住む前にそれを知ることはできるのでしょうか?

実はあるんです。

住宅の気密性を知る上で、手掛かりとなる数値があります。「Q値」と「C値」という数値です。

住宅の性能が数値で見える「Q値」と「C値」。

ÉgÉäÉvÉãÉTÉbÉV

 

簡単に「Q値」と「C値」についてご説明すると・・・。

 

・「Q値」とは、「熱損失係数」と呼ばれ、家の断熱性能を示す数値。数値は低いほどいい。
家の外と中の差を1度としたとき、床面積1㎡あたりの熱量が外へ逃げる割合を示したものです。

(外壁や屋根、窓、換気も含む。)

・「C値」とは、「隙間相当面積」と呼ばれ、同じ面積の中にどれだけ隙間があるかを表した数値です。数値が低いほど機密性能が高いことを示しています。
「そんなの覚えてらんないよ!」という方はこれだけ抑えておいてください。笑

 

・Q値が低いほど、その家の断熱性は優れています。
・C値が低いほど、省エネ住宅であることを表します。

 

casa soleでは、Q値=1.6を実現。これは日本でもっとも次世代省エネ基準の厳しい北海道で適合する数値です。C値に関しては、C値=0.2以下を実現。ちなみに日本の一般的な住宅の数値は2.0以下です。この数値を見るだけで、casa soleが気密・断熱に優れた省エネハウスというのが一目両全で知る事ができます。

いつも一緒。仲良しな「Q値」と「C値」。

ÉLÉbÉ`Éì2

 

「気密(C値)」と「換気(Q値)」は、お互いに関連性のある事柄です。
住宅を快適に過ごすために重要な「断熱」も「気密」なくしては成り立ちません。

夏場であれば、冷房で冷やした空気が外に簡単に漏れていては快適とは呼べませんし、エネルギーの無駄使いになってしまします。(冬場の暖かい空気も同様。)
これでは省エネ住宅はおろか、快適な住宅とは呼べませんね。

壁に高性能な断熱構造を入れても、家の空気が逃げていては何の効果も得られないのです。
しかし、家を密封するわけにはいきません。「熱を逃がしたくないし、侵入も防ぎたい」でも「空気の入れ替えはしたい。」この、矛盾する行為を両立させなければ快適な住宅とは言えないのです。

そこでcasa sole は住宅にこんな工夫を取り入れました。

24時間新鮮な空気で快適生活。

ÉäÉrÉìÉOáA

 

住宅が、高断熱・高気密であることは良いことですが、現状では窓を開けて空気の入れ替えや、出入りなど、一般的には1時間のうち家の容積の半分の空気が入れ替わる換気計画が求められています。窓を開けて開放感を得たいという気分的なものは別として、窓をあけずに換気ができないか?casa soleは考え、こんな工夫を取り入れました。

それは、排気口です。家の各所に配置された排気口より、室内の汚れた空気を一ヶ所に集め、まとめて家の外へ排気します。屋外からは、新鮮な空気を空気清浄フィルターを通して吸収します。つまり24時間換気計画がなされたシステムなのです。

ドイツのパッシブハウス研究所でも、熱を逃がさずにいかにして換気を行うかをさまざまな形で実現し、現在でも研究を続けています。casa soleにおいても、適切な換気を計算し、常に新鮮な空気の中で過ごせるよう独自の排気・吸気システムを作用しているのです。

 

目には見えない「気密」と「断熱」。
casa soleは、その目には見えない快適な温度を、Q値とC値といったように、目に見えるものとし、きちんと計算し設計した〝確かな快適さがある家″なのでした。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。