sole

一ヶ月あたり約1万円も光熱費がお得!?家計にも省エネの太陽光発電をおさらい。

のどかな田園地帯などで最近良く見かけるソーラパネル。太陽光発電というと、以前は屋根に太陽電池を取り付けた形が主流だったが、最近では余った土地を活用する方法としても人気がある。

太陽光発電は太陽の光で電気をつくり、つくった電気は家庭で使用することもでき、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれるシステムだ。災害で停電になった時でも太陽の光さえあれば電気を使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムで補助金を使って安く設置もできる。

では、この太陽光発電、実際どれくらい光熱費を抑えることができるのだろう?

毎月の電気代はおいくら?何もしないで節約できる太陽光発電。

“ 家庭 ” という身近なコンテキストの中で、再生可能なエネルギーの一つとして注目される「太陽光発電」。生活に電気は欠かせないエネルギー。電気設備機器メーカーの発表などによると、家計における月間の光熱費(電気代+ガス代)電気代は約2万円前後というのが相場。しかし、ソーラー電気とオール電化の導入で約4千円になるのだという。

昼間はソーラ発電でつくった電気を使用し、使いきれなかった電気は電力会社に買い取ってもらうことができる。大雑把な考えかたになるがソーラパネルを取り付ければ、何もしないで節約ができることになる。

補助金制度や夜間電気量が安くなるプランを使ってさらに節約。

“ 節 約 ” への期待感を背景に、最近では太陽電池の設置価格も手の届きやすい価格になってきた。現在では一般的な太陽光発電の1kwあたりの単価は35万円前後。1kwでは少ないので4.7kWくらいが平均的で、大雑把な計算にはなるが価格は約170万円前後を目安とすると考えやすい。30円前後で買い取ってもらえば約10年ほどで回収できる計算になる。(※FIT法は平成29年4月1日より改正)

設置金額だけでなく、夜間の電気料金が安くなる契約や地方自治体の補助金制度を活用すればもっと光熱費を抑えることが期待できる。また、アフターフォローや、電気の買い取り金額など査収して契約をすると僅かな差でもトータル的にみると大きいので契約時には必ず確認しておこう。

光熱費を削減し、お財布にも環境にもエコな太陽光発電生活。

「casa sole」にはこの太陽光発電が標準で装備されている。基本は2.7kwのソーラパネルとし、エコキュートやALL電化が組み合わされる。

実際に「casa sole」にお住まいで太陽光発電を設置された方の例をあげると、電気代(支出)7759円・売電8929円(収支)単純計算で一月あたり約1000円ほどのプラスだった。太陽光発電を設置していなかったら月々の支払いは倍だった可能性を考えると一月あたり一万円以上の得をしてると言えなくなくもない。

 

冷暖房器具に過度に頼らず暮らしていくためには断熱性能が求められてくるが、全く使用しないということは考え難い。住宅機能と太陽光発電を上手に取り入れ、家計にも環境にも省エネの生活が22世紀型のECOスタイルなのかもしれない。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。