建築から家具や小物まで、トータルデザインを手がけた巨匠・ヤコブセンの家具と「casa cube」2017.01.02Mon

家具が好きな人なら一度は「アルネ・ヤコブセン」という名前を聞いたことがあるだろう。

アルネ・ヤコブセンは、言わずと知れた20世紀のデンマークを代表する建築家。「セブンチェア」や「アントチェア」などの名作家具から、照明や小物までトータル的にデザインするスタイルを貫いたヨーロッパを代表する巨匠の一人。

デザインモダンな「casa cube」の空間にヤコブセンの作品は違和感なく溶け込むことができる!ということで、アルネ・ヤコブセンの作品をいくつかご紹介したい。

photo_aj出典:http://www.republicstore-keizo.com

Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)
1902-71。家具から、照明や小物までトータル的にデザインを手がけた建築家。建築物以外のプロダクトにも数多く携わったことで、北欧モダンデザインの祖とも言われている。デンマークデザインのアイコン的存となっている、1955年に誕生した名作「セブンチェア」はデンマークのみならず世界中の人に愛されてる。

ドイツ バウハウスの哲学を反映した「WALL CLOCK(ウォールクロック)」

cate800出典:http://www.republicstore-keizo.com

建築から内装までトータルにデザインを手がけたヤコブセンが、「デンマーク国立銀行」を設計した際に手掛けたウォールクロックをオリジナルに忠実に再現した「BANKERS」。

ミニマニズムとモダニズムを兼ね備え、シンボリズムをも彷彿させる創造性豊かな作品は、ドイツ バウハウスの哲学でもある機能美の流れを反映したシンプルなデザイン。

ヤコブセンが初めてデザインした照明「Bellevue Lamp(ベルビューランプ)」

cate800-1出典:http://www.republicstore-keizo.com

数々のプロダクトデザイン手がけたヤコブセンが、初めて照明器具をデザインした作品「ベルビューランプ(Bellevue Lamp)」。

バウハウス期の現代主義デザインに影響を受けたデザインとなってる。現代のスチールパイプメーカーと、バウハウスの機能主義の影響を色濃く受けていることを物語るフォルム。

1929年ベルビューのガソリンスタンドの建築設計に合わせてデザインされたことから「bellevue lamp」と呼ばれるようになった。ベーシックで飽きのこないシルエットは過剰な眩しい光を遮る機能的な造り。近未来な造形は「casa cube」と相性抜群。

カラーバリエーションも豊富な名作「SERIES 7™(セブンチェア)」

cate800-2出典:http://www.republicstore-keizo.com

1955年にアルネヤコブセンが発表し、半世紀以上たった今も衰えることを知らない人気の「セブンチェア」。

ヤコブセンを代表するベストセラーで、ラミネート加工技術・積層合板からなる構造で、身体のラインに沿う美しい曲線が魅力。豊富で優れた機能性はそのままに、ポップなカラーバリエーションも豊富でインテリアとしても楽しめる椅子。ダイニングチェアとしてはもちろん、キッチンチェアや作業用・屋外用のチェアなど用途にあわせて色を変えて遊ぶのもオシャレ!

 

建築における理想を追求し、家具から照明や小物に至るまで完璧なデザインを追及したヤコブセン。「美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る」というヤコブセンが生み出すプロダクトは、半世紀以上たった今でも世界中で愛されている。

「casa cube」もまた、実際に使用する人の立場でデザインされた住宅。2つのデザインという機能美を自宅で堪能してみてはいかがだろうか。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家