realestate

「インカム住宅」は住宅ローンだけでなく事業ローンも使える戸建賃貸住宅のひとつのカタチ。

不動産投資を目指す人が検討する方法のひとつとして、手持ちの物件を使った賃貸経営が挙げられる。個人で賃貸物件を調達する場合、ほとんどは住宅物件となるだろう。住宅と一口に言ってもマンションなどの集合住宅もあれば、一戸建ての住宅も考えられる。

一戸建ての住宅を不動産投資物件として用意する際に検討したいのが「インカム住宅」だ。聞き慣れない言葉かも知れないが、もし投資用物件の他にマイホームが欲しいと思っていたり、広い物件に引っ越しを考えていたりする場合は是非とも検討して欲しいシステムだ。

インカム住宅とは!?

「インカム住宅」とは、一言で言えば「インカム(収入)を得るための住宅」。つまり賃貸住宅のひとつの形である。具体的には、マイホームを建てる際に、同じ敷地の中に住宅をもう一軒つくり、それを賃貸物件として活用するというものだ。つまり、住むための家と貸すための家を同時に建てることで、マイホームを手に入れるとともに、その負債を返却するための収入の手段を確保することにもなる訳である。

資金調達のしやすさが鍵

一般に、家(マイホーム)を建てる際の資金調達の手段として使われるのは住宅ローンである。一方、インカム住宅を建てる場合、その物件は賃貸という事業が目的であるため、事業ローンを利用することが可能となる。事業ローンは住宅ローンと比べていくつかのメリットがある。例えば、融資を受ける際の金利は、住宅ローンより事業ローンの方が安くなることが多い。また収益性をはじめとした事業計画を具体的に提示すれば、審査が通りやすいという点も見逃せない。このように、インカム住宅は資金調達が比較的容易で、より着手しやすいと考えられる。

高い収入を得られるチャンスもある

賃貸経営を行う上での最も懸念されるのは空室問題だが、インカム住宅をはじめとした戸建賃貸住宅は集合賃貸住宅と比べて供給される数は多くない。即ち希少性が高いといえる。一戸建てを借りたいというニーズは常に一定数あると考えられるため、たとえやや強気の賃料を設定したとしても空室リスクは比較的少なくなりそうである。従って、インカム住宅を高い利回りでうまく運用できれば高収入を得るチャンスも期待できることだろう。特に入居者がマイホームとして借りたいと思えるような魅力的な住宅が用意できればさらにその可能性は高まる。実際に住んでみての快適さも意識した住宅作りを行えば、必然的に入居年数も長くなり。空室のロスタイムを軽減することも出来るのではないだろうか。

インカム住宅でマイホームを手に入れる

念願のマイホームを手に入れる喜び、そして一方、そこに生まれる負債を安定して返済するための収入手段の確保、その両方を同時に実現するための有力な手段として、インカム住宅の活用を検討してみてはいかがだろうか。事業ローンを組むことも可能だ。インカム住宅は、住むための家と貸すための家の共存によって生まれる相乗効果は大きいだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。