casita

「casita(カシータ)」が貸す人も借りる人もうれしい賃貸住宅な理由

25坪の土地さえあれば、気軽に賃貸経営を始められる「casita(カシータ)」という住宅をご存知だろうか?賃貸経営といえば準備段階でのコスト管理や完成までの時間など、始めてから維持するのにも非常に労力がかかることが想像できるが、casita(カシータ)は長期優良住宅として高品質を保ちながらも、アイデア力でカバーされた設計からコンパクトさを実現し、大幅なコストダウンに成功している。


今回はそんなcasita(カシータ)が、貸す人にも借りる人にもうれしい賃貸住宅な理由を紹介したい。

 

長期優良住宅だから、資産価値が高い

賃貸経営をするなら、頑丈で長く住み続けられる物件を選びたいもの。長期優良住宅に認定されているcasitaは、「古くなったら建て替える」という従来の住宅スタイルとは異なる。住宅そのものの寿命を延ばすことで解体する手間を省き、環境負荷を減らして資産価値を高めているのだ。これで万が一の際の修理費や、解体費がかさむなんてこともないはず。貸す人、借りる人の負担が大きくないのは長く住む上で大事なポイントの一つだ。

 

冷暖房のランニングコストが安く済む

住宅選びにおいて気密性や断熱性も重要なポイントだ。暑い夏に気体が外部に漏れて冷房が行き届かなかったり、冬には隙間風で部屋が冷えてしまうなど、せっかくの冷暖房を生かすも殺すも住宅の質が左右する。

その点、casitaは気密性も断熱性も高く設計されているため、冷暖房のランニングコストを安く済ませることができる。これは貸す側も借りる側にもうれしいメリットではないだろうか。

 

地震に強く、安心した暮らしができる

住宅の最大の敵といっても過言ではないのが、自然災害。なかでも突発的にやってくる地震は事前に防ぐことが難しく、規模が大きければ一気に建物が倒壊し、一瞬で下敷きになってしまうなんてことも少なくない。近年大地震が立て続けに起こっている日本において、耐震対策は必要不可欠だろう。長期優良住宅は震度6強の1.25倍の地震にも耐えることができる設計になっている。つまり、casitaは安心して暮らせる住宅でもあるのだ。

 

リフォームの費用が安い

時代のニーズに合わせていくことも賃貸経営には必要だ。古い内装のままでは人気獲得も難しくなり、時代に取り残されてしまう。近頃では団地の大規模なリノベーションが話題になるなど、リフォームの需要が高まっており、経営者はコスト面で負担が大きくなりがちだ。ただ、その点casitaは可変性が高く設計されているためリフォーム費用が抑えやすい。

 

税制待遇も充実

賃貸経営を始めるにあたり、税金のことは避けて通れない。ただ、正直なところ面倒なのも確かだ。casita一定の条件を満たすことによって、固定資産税や登記代が安く済む。税金面でも安心して暮らせる住宅なのだ。

 

casita(カシータ)で安心の賃貸経営を

コストもかからず、頑丈、そして無駄のないコンパクトな設計とあれば、自ずと貸す人・借りる人が満たされるのは言うまでもない。特に初めて賃貸経営に挑戦する方は、税制待遇もサポートされる安心のcasita(カシータ)を選んでみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。