minimallife

ロケーションやライフスタイルに合わせて組み合わせる「casa cago(カーサ・カーゴ)」。

「casa cago(カーサ・カーゴ)」 は、6畳の最少単位のcagoを組み合わせてつくる家。家族構成、暮らし方、土地形状、ロケーションなど、条件やニーズに合わせて家のカタチや部屋数を選択できる。住まいとしてはもちろん人気の小屋や家の離れとしてプラスしたり、ウイークエンドハウスや作業場、またはショップやカフェのような商業施設にしたりと幅広い利用が可能だ。

自宅の庭に離れとして

たとえば今住んでいる自宅の庭の一角にcagoを一つ、プラスする、自宅の庭に離れとして親世帯と敷地内同居したり、小屋として読書や映画、音楽などを楽しむ趣味空間にしたり、あるいはアウトドアグッズやキャンプ用品の収納スペース、農作業小屋にしたり、6畳の可能性は無限大だ。

海の近くのビーチハウス

水平線を望む海辺にcagoを3つ並べれば、ビーチハウスが完成する。別荘より気軽に持てるウイークエンドハウスは、まさに大人の秘密基地、サーフィンや釣り、ダイビングなど海あそびの拠点にして楽しもう。海の近くのコテージとして、ワイドで開放的なウッドデッキが気分を一層盛り上げる。

ゆったりとしたコートハウス

豊かな森を背に遠くの山並みを眺めて暮らす。そんな贅沢な里山暮らしを叶えるに十分な8cago。中央に中庭、左右に居室を振り分けたコートハウスタイプの家なら、外からの視線を遮りプライバシーを保ちながら、開放的な暮らしが可能となる。

家の中央にリビングとウッドデッキを配したコの字型の8cago。スタンダードなシンメトリーの設計は、どんなライフスタイルにもフィット。リビングとダイニング・キッチンの双方からウッドデッキを眺められるので、視線が抜けて体感的な空間がグンと広がる。

また、外の風景や自然を最大限感じることができるスティック型の開放的な家も可能だ。8つのcagoをタテに並べた住居スタイルで、落ち着きを感じさせる三角の切り妻屋根と、家の幅いっぱいに広がるウッドデッキが特徴。LDKとバスルームがウッドデッキに面しているので、外の風景や自然の光と風をぞんぶんに取り込みながら心地よく暮らせる。

 

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、総体としての家全体を商品化するのではなく、一つひとつの日本人に馴染み深い6畳ピースから規格化し、 それを住まい手が組み合わせることで初めて完成する。6畳単位のプロポーションを持った規律あるデザインが生む機能美と高い強度を備えた、住む人の理想を描ける自由な家だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家