resort

フィリピンの離島の自然と共生する「アマンプロ」プライベートアイランドに佇む隠れ家リゾート。

およそ7,000もの島々からなるフィリピン。スールー海に浮かぶ小さな島、パリマカン島がそのままプライベートアイランドとしてリゾートになったのが「アマンプロ」だ。根強いファンに愛される極上のリゾート「アマン」のホスピタリティと、スールー海のセルリアンブルーの空とターコイズブルーの海が出会った唯一無二の体験ができる。

離島の自然と共生する「アマンプロ」での滞在はどのような体験に出会うことができるだろうか。

マニラからリゾート専用機で約1時間20分

一つの島を丸ごとリゾートにした究極のワン・リゾート・ワン・アイランドであるアマンプロには、フィリピンの首都マニラの空港からリゾート専用の小型飛行機で約1時間20分。パマリカン島に向かう搭乗の時点から特別なリゾート体験が始まる。

小型機だから運が良ければコックピットも近くで見ることができる。

豊かな自然と共生する極上リゾート

パラワン島北西部にある小さな島であるパマリカン島は、離島らしい自然がいっぱい。南の島らしいターコイズブルーの海や手付かずの熱帯の森が広がる。意外と広い島内は、客室にある小さなクラブカーを自ら運転して回ることができる。

白い砂浜が続くビーチで過ごすひとときは格別。美しいサンセットに出会うこともできる。シュノーケリングやフィッシュ・フィーディングなど色々なアクティビティをオーダーしてもいい。

数あるビーチごとにレストランやカフェが設置してあり、美しい海の色を眺めながら食事を取ったり、ビールやカクテル、ワインを飲んだりと思い思いに過ごす。

プライベートプール付きヴィラでのステイ

アマンプロの客室には「カシータ」と「ヴィラ」の2タイプがあり、双方とも屋内外が島の家のイメージしてデザインされている。42棟ある「カシータ」は、ビーチフロントやツリートップ、ヒルサイドなどバリエーションに跳んだ配置で屋内が広々としている。「ヴィラ」は、プライベートプールが付いていて、より屋内と屋外の一体感が増した佇まい。どの客室も隠れ家的な雰囲気だ。

今回紹介するのは、中央にあるプライベートプールを囲むようにデザインされ、専任のシェフとバトラー(使用人)が付いた「ヴィラ」タイプ。「ヴィラ」タイプは、究極のワン・リゾート・ワン・アイランドであるアマンプロを、余すことなく楽しむことができるステイタイプだろう。

正方形を対角線に切ったような平面は、外部空間に接するには都合の良いデザインで、より熱帯の森の自然を感じることができる。シーリングファンの付いた天然木製の梁天井や深い色合いのフローリング、アジアらしい籐でできた家具など高級リゾートとして必要なインテリアデザインがなされている。

広々としたパウダールームの先には、セブ島産大理石をアクセントに使ったバスルームへと続く。

花びらが浮かべられたバスタブは、遊び疲れたゲストをよりリラックスされてくれる。細かいところにアマンのホスピタリティがある。

自然を感じられる屋外のリビングダイニングでは、専任のシェフによるディナーが振る舞われる。自然の空気を吸いながら食べるディナーは絶品だ。

アウトドアリビングの先には、贅沢な大きさの専用プールがあり、すぐ先にはビーチもある。自然の中に四角いプールの幾何学が強烈なコントラストとなって存在する様は、人工と自然の対比をダイナミックに魅せてくれる。

プールサイドで木漏れ日を浴びながら過ごす休日は、誰に取ってもとても気持ちがいい。

クラブハウスの美しいパブリックプール

クラブカーでクラブハウスを訪れるとスタッフが出迎え、案内してくれる。クラブハウスを抜けると、庭園のようなパブリックスペースにある広く優雅な美しいプールがある。

パブリックプールの周囲には、東屋が点在していて大きなソファでリラックスすることができる。席に着くとスタッフがお水とおしぼりを持ってきてくれる。午後はアフタヌーンティーのサービスもある。居心地が良く自然に長居してしまうし、ここでレストランのメニューの食事を取ることも可能だ。

クラブハウス内には、ライブラリーもある。日本語の本もあるので退屈しないはず。木を基調としたインテリアは落ち着いて読書するにはちょうどいい。

 

フィリピンの離島、パマリカン島の自然と共生する「アマンプロ」は、ゆっくりと流れる時間とともに海やビーチ、森と一体となる体験をすることができる。透明度の高い海に純白のパウダーサンドのビーチだけでなく、アマンのホスピタリティによる最上級のリゾートライフを是非体験してほしい。

Amanpulo – アマンプロ

電話 : +63 2 976 5200
URL : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanpulo
住所 : Pamalican Island, Sulu Archipelago, Palawan, Pilipinas

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。