cube

窓のない斬新な外観からは想像もできない開放的な住まい「casa cube」のフロアガイド。

日本の一般的な住宅街ではひと際目立つ、窓のない斬新な外観が特徴的な「casa cube」。今回は、熊本市郊外に新たに竣工した「casa cube」のモデルハウスを訪ねた。

このcasa cubeはリビング横にスペースを設けた広々タイプでより広く開放的に感じる住宅になっている。家族が多かったり、趣味の物や洋服など持ち物が多い人にオススメのタイプだ。

トップライトで明るいリビングダイニング

周囲に窓ないcasa cubeは天井のトップライトから採光する。そのおかげで、家族の集うリビングダイニングは思いの外明るく開放感が感じられる空間になっている。四方に窓はないが、トップライトから入った光は白い壁に反射して、美術館の展示室のように明るい。

またこのタイプのcasa cubeは、吹き抜けだけでなく対面式のキッチンまで視線が抜けるのでより広く感じるに違いない。

二層吹き抜けのダイニングの隣に配置されているリビングにも、トップライトからの光が届く。だが、ダイニングの天井と異なる高さがソファなどで姿勢と視線が低くなる時に非常に落ち着く空間になっている。

色々な使い方ができるフリースペース

リビング脇にはゆったりとしたスペースがあり、趣味に使うアイテムをおしゃれに置いておくと、普段の生活も楽しくなるもの。こういったフリースペースは色々な使い方ができて便利だ。

ダイニングの吹き抜けの階段を昇ったところにもフリースペースがあり、こっちはリビングダイニングにいる家族の気配を感じながら過ごすことのできる空間だ。トップライトの下なので明るく開放感があり、写真上ではシアタースペースだが、子供の遊ぶスペースだったり、夫婦どちらかの書斎だったりとユニークな使い方ができるだろう。

落ち着いた空間のベッドルーム

スリット窓のみで大きな窓はなく、室内を白い壁が覆うベッドルームはとても落ち着いて過ごすことができる。壁の量も多いので、守られている気もしてくる。このタイプのcasa cubeでは、書斎のスペースを設けられるほど広い。

プライバシーを守るバルコニー

2階の個室に挟まれるようにして配置されたインナーバルコニーは、各部屋の独立性を高め、それぞれのプライバシーを守っている。また、このインナーバルコニーから入る自然光も、諸室を明るく照らしている。

 

開放的なのにプライバシーを保つことができる類い稀な住宅。シンプルでモダンなcasa cubeは、その間取りや機能も担保するハイクオリティなデザインがポイントだ。現代の都市型住宅の問題を解決しつつ、住み心地の良さを追求したcasa cubeを、是非モデルハウスで体験していただきたい。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家