realestate

戸建賃貸住宅でインカム住宅なら、住宅ローンだけではなく事業ローンが使えるのを知っていますか?

近年は副業が推奨されだしていることもあり、本業以外に何かしらの収入方法を模索している人が増えてきている。中でも注目されているのが不動産投資だが、資金調達の面で素人には敷居が高いと思われがちだ。しかしながら戸建賃貸住宅での不動産投資方法の1つ、インカム住宅ならば資金調達の問題も解決できる可能性は十分にある。

インカム住宅について

一般的に一戸建てでマイホームを購入する場合には自分たち家族が住むための家を1棟建築し、その家の建築費用は住宅ローンを組んで支払っていくというケースがほとんどだ。いっぽうインカム住宅の場合は同じ敷地内に2棟以上の一戸建てを建築し、そのうちの1棟は自分たちが住む用として、そしてそれ以外の一戸建ては戸建賃貸住宅として希望者に貸し出すという不動産投資方法で、別名収益併用住宅とも呼ばれている。入居者が見つかって家を借りてくれれば当然家賃収入を得ることができ、その家賃で自分が住んでいる家の住宅ローンを支払う事も十分可能だ。

インカム住宅ならば事業ローンを使える

通常マイホームを講習した資金を返済していくためには住宅ローンが適用されることになる。住宅ローンは金利が通常のローンより低いローンではありますが、マイホームの場合は築年数が経過していくにつれて建物の資産価値が大きく低下していくし、建物を維持するためには定期的にメンテナンスをしていかなければいけないほか、固定資産税などの税金も必要になる。そしてマイホームそのものからは一切収入を得られないため、結果的に負債という扱いになっている。いっぽうインカム住宅はメンテナンス費用が必要だったり資産価値が低下していく点はマイホームと同じだが入居者が居ることによって家賃収入が発生するため、投資という扱いになる。そのためインカム住宅として建築する家には事業ローンも適用することが可能で、事業ローンは住宅ローンよりも金利が安いなどさまざまなメリットがある。

空き室リスクが少ない

インカム住宅のような戸建賃貸住宅は広告などを見ても分かる通り供給数が少ない。しかし供給数が少ないと言ってニーズが低いという事ではなく、実は戸建賃貸住宅を利用したいと考えている人たちは多い。そのためマンションやアパートと比較して空き室になるリスクが比較的少ないとされ、ニーズに合った家を提供していれば高収入も期待できる。

マイホームを建築するときが投資のチャンス

インカム住宅はローン返済に事業ローンを適用出来たり、賃貸用の物件の家賃収入で借りているローンを返済できる。また戸建賃貸住宅そのものが供給数がそれほど多くないという事もあって、空き室になるリスクが少ないなどメリットがたくさんある。したがってマイホームを建築するタイミングというのは戸建賃貸住宅による不動産投資をはじめるチャンスだともいえるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。