realestate

人気の一戸建て不動産投資!背景にある戸建賃貸住宅のニーズ拡大中!

景況感の改善傾向もあり、不動産投資への関心も高まってきた。不動産投資といえば、アパートやマンションなどの集合住宅をイメージする人も多いだろうが、実は一戸建て住宅のニーズも大きい。少なくて済む購入の費用やランニングコストもさることながら、一度入居者が決まれば安定的に家賃収入が得られるという特徴もある。

リーズナブルな価格で入手可能!

不動産投資といえば、アパートやマンションなどの集合住宅を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。景気や雇用情勢などの回復傾向なども追い風となり、テレビやネット上では集合住宅の賃貸経営を紹介するものが多い。そんな中、一戸建て住宅を貸し出す戸建賃貸住宅のニーズが拡大していることも事実だ。一戸建て住宅の魅力はなんといっても、リーズナブルな価格帯であることが挙げられるだろう。むろん、場所や立地などにもよるが、中古なら市街地から離れれば300万円程度で手に入れることができる。「新築にこだわる」というケースでも、1,000万円未満でも十分に入手可能だ。

根強いニーズがある戸建賃貸住宅

「なぜ戸建住宅が人気に?」と不思議に思う人も多いだろう。しかしながら、以前から集合住宅ほどではないまでも、出張が多い家族などといった一定数の戸建賃貸住宅の需要があったことも事実だ。その一方で、供給する数に限りがあるため、そこに不動産投資をするメリットがある。先にも述べたように、一戸建てを建てる費用は、アパートやマンションを建てるよりも安く済むため、投資の対象としては多くの旨みが期待できる。例えある程度の初期コストがかかったとしても、短期間のうちに取り戻すことができるのではないだろうか。そんなことも、戸建賃貸住宅が注目される理由なのかもしれない。

空室リスクも限定的!見込まれる安定した家賃収入

一度入居者が決まれば、長期間にわたって安定的に家賃収入が得られるのも、戸建賃貸住宅の魅力だ。理由として、ファミリー層の場合は、子どもの学校などの関係もあり、簡単に転居できないことなどが挙げられる。そのため、空室リスクはほとんどない。更には、集合住宅とは異なり、トイレやお風呂、キッチンなどのメンテナンスなどにかかる費用も少なくて済む。

計算できる家賃収入!初期コストも最小限にできる魅力の不動産投資

不動産投資のイメージとして、アパートやマンションなどを思い浮かべる人が多いかもしれないが、一戸建て住宅の需要も見逃すことはできない。場所にもよるが、新築物件でも1,000万円程度の費用負担で済むなど、コスト面のメリットは大きいといえるだろう。その一方で、入居者にはファミリー層が多く、安定した家賃収入が得られることも魅力である。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。