casita

新しい賃貸住宅のカタチ・戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が選ばれる理由とは?

将来のための投資として、賃貸経営を始めようと考えている人も多いだろう。不動産投資の中でも、まだまだ供給数が少ない戸建賃貸は借り手の需要が高い。戸建賃貸に興味がある人には、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」をおすすめする。低コストでクオリティの高い物件なので、安心して経営できるだろう。ここでは、カシータが選ばれる理由について紹介する。

「casita(カシータ)」が選ばれる理由とは?

戸建賃貸住宅casita が選ばれる理由の一つは、戸建物件であるということだ。賃貸といえば、圧倒的にマンションやアパートが多いはずだ。マンションやアパートが空室になっているエリアでも、戸建賃貸の需要は高い場合がある。それは、戸建とマンションやアパートでは、入居者に違いがあるからだ。また、カシータは長期優良物件なので、長く住める点も選ばれる理由の一つだ。可変性が高く、将来リフォームをすることも視野に入れられるだろう。メンテナンスやアフターケアにも対応しており、長期間住み続けることを想定した家づくりが行われている。売り手と借り手両者のことを考えた住宅だ。

カシータはオーナーの自由度が高い

カシータは、オーナーが自由に家賃を設定できる。クオリティが高い物件なので、周辺の平均金額に比べ強気な価格設定も可能となるだろう。家賃を高く設定すると、質の高い家族が借りてくれるという利点もある。そういった家族は近隣トラブルが少なく、長期間住んでも家を綺麗に使ってくれるはずだ。また、カスタマイズも自由にできる。利回りを良くするには、住む人の目線に立った部屋作りが重要になる。プランも何通りかあるので、キッチンを広く使いやすくする・ペット入居可にするなど、カシータはある程度借り手に合わせた部屋作りが可能だ。

カシータの借り手はどんな人?

カシータの借り手は、どんな人が想定できるだろうか。カシータを選ぶ層は、幼稚園児や小学生くらいの子どもがいるファミリー。子どもが大きくなるタイミングで、戸建に住みたいと思う人が多くなるだろう。賃貸マンションではキッチンが狭く部屋も手狭になってくる頃だ。通える範囲に学校があれば、より戸建の賃貸住宅を選んでもらえるはずだ。また子どもが騒いだり習い事の関係で、騒音を気にする親も多い。隣の部屋を気にせず暮らせる戸建住宅は需要が高いといえるだろう。

まずは戸建賃貸について勉強しよう

カシータを始める前に、自分なりに戸建賃貸について勉強することをおすすめする。「casita(カシータ)」をより魅力的な物件として貸し出すには、他の戸建賃貸と差別化できる個性的な物件に仕上げることが重要だ。戸建賃貸を始めるか決断するには時間が掛かるかもしれない。まずは、ネットや本などで情報収集をしたり土地を探してみて、行動してみてはどうだろうか。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。