realestate

結局のところ一戸建ては人気が高い!不動産投資を始めるなら戸建賃貸住宅を選ぶべき!

不動産投資をしようとする場合、うまく利益を出していくためには、場所や建物の形によるニーズの高さなど様々な点について考えていく必要がある。特にどのような建物で投資をしていくかは重要な問題となってくる。最近は特に一戸建てが住まいの形として人気を集めている。一戸建てだからこそのメリットなどについて見ていくことにしよう。

家族で住める一戸建ては安定して貸すことができる

不動産投資を考える場合、マンションやアパートなどの形もあるが、その場合は短期間での契約ということが多くなる。単身用の場合、一時的な住まいとして利用する方も多いので、長期にわたって住み続けるという事は少なくなってしまうのだ。より便利な場所へ移ることもあるし、家族が増えれば手狭になり、移らざるを得なくなることもある。そうなると新しい借り手を探す必要があるし、その都度契約や清掃などを行う負担もかかってきてしまう。不動産投資をするうえで、流動性が高すぎるという事もマイナスに働くことがあるのだ。

その点、一戸建ては家族で住むケースが多くなるため、長期間にわたって住み続けることになる。一戸建てなら部屋数も多いので、子供が生まれるなど家族の人数が増えても住み続けられる。借りる期間が長くなることで、安定して収入が得られるうえ、契約や借り手を探す費用なども抑えることが出来る。不動産投資のリスクを減らし、利益を上げやすくするうえで重要なポイントとなるだろう。

ニーズが高い戸建賃貸住宅

一戸建てを住まいの形として求める方は多い。特に子供がいると、アパートなどで足音などの騒音が問題となることもあり、そういった心配のいらない戸建を選びたいというニーズがあるのだ。また、アパートなどではペットなども飼えないというケースが多く、ペットを飼いたい家庭では一戸建てを望むこともある。このような事情から戸建賃貸住宅のニーズは高まっている。

狭い土地でも利用できる

アパートやマンションを建てるとなると、ある程度土地の広さが必要になる。広さが限られた土地を活用する場合にはアパートやマンションは向かないと言える。一戸建てであれば狭い土地でも建てやすく、戸建賃貸住宅として無駄なく活用しやすい点も大きなメリットだ。

一戸建てならではのメリットを生かして

戸建賃貸だからこそ、住居として魅力的になりニーズが高かったり、安定して長期間貸すことが出来たりというメリットがある。狭い土地でも活用の可能性が広がるという点も嬉しいポイントだ。不動産投資を考える際には、こうした一戸建てならではのメリットを生かして最大限に利益を上げられる形を求めていくことが必要になる。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。