casita

賃貸住宅経営を始めるなら戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」で!

賃貸住宅の経営というとアパート経営やマンション経営を想像するが、戸建賃貸住宅の人気と需要が高まりつつある。特にcasita の戸建賃貸住宅は25坪以上の土地を持っていれば賃貸住宅を経営でき、入居率が99.37%でなおかつ利回りが10%以上と高いため人気があるのだ。casita にはどんな特徴があるのか、なぜ入居率も利回りも高いのか、メリットや魅力を見てみよう。

建築費用がリーズナブルなのに「長期優良住宅」

casita の戸建賃貸住宅は住宅の建築費が1,000万円ほどしかかからないという特徴がある。これは通常の一戸建ての建築費を考えると破格の値段だ。しかし「安かろう悪かろう」ではなく、casita の賃貸住宅は「長期優良住宅」である。耐震性や耐久性があり、長持ちする家であるとともに快適性に優れている。そんな住宅をなぜこんなに安い費用で建築できるのか。それはcasita は商品住宅であるため、通常の注文住宅でかかる費用がかからないことが挙げられる。たとえば設計費用。通常は建築費の約1割を設計費が占めている。しかしcasita の場合は設計士が作った同じ設計図をどの住宅にも用いるため、各々に設計費用がかからない。また建材も同じサイズのものが使われるため、同じ建材を大量生産することができる。このようなことで建築費を安く抑えることができるのだ。

戸建賃貸住宅の需要は高まっている

アパートやマンション経営をしようとすると、どうしても便利な場所、駅から近い場所という制約ができてしまう。しかしcasita の戸建賃貸住宅はそのような条件にあまり左右されない。というのは、戸建住宅に住もうとする人たちは単身家庭や夫婦二人の家庭ではなく、これから子供を持つ人、すでに子供を持っている人だからだ。このような人たちは、家の広さや環境の良さやを重視する。したがってアパートやマンションが建てられないような場所にでもcasita の戸建賃貸住宅を建てることができる。

また戸建て住宅に住みたいが、資金がなくて戸建て住宅を建築できない人は大勢いる。「家を所有する」という価値観が変わりつつあり、そういう人たちがcasita の家を賃貸する。そのような風潮があるため、casita の戸建賃貸住宅の入居率は驚くほど高い。また一度入居したら、特別な事情がない限り、長い年月その住宅で暮らすことになる。

casita なら空室対策もバッチリ

賃貸住宅を経営するうえで心配になるのが空室対策だが、casitaでは空室対策も万全。casitaには「20年一括借上制度」があり、毎月の借上賃料を支払って貰うことができる。したがって空室ができても安定した収入を得られるので安心だ。また家の修繕費もオーナーの気になるところ。これもcasitaのネットワークにより、家を建築したときと同じように安心価格でリフォームや修繕ができる。

casitaで安全性の高い賃貸住宅経営

casitaの戸建賃貸住宅は25坪以上の土地があれば経営できるが、土地を持っておらず、土地を買うところから始める人も多い。また65坪ほどの土地に同じ家を2軒建てて、1軒は自分たちの住居用、もう1軒は賃貸住宅とし、賃貸住宅の収入で2軒分のローンを払う人もいる。このようにcasitaの戸建賃貸住宅はこれまでの賃貸住宅のあり方を変えた。安全性の高い賃貸住宅経営が可能になったのだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。