realestate

一戸建て住宅で賃貸経営を始めるメリット!戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が持つ魅力!

所有している土地で賃貸経営を始めてみたいけれど、土地が狭いからとあきらめている方も多いようだ。そんな方は、戸建住宅で不動産投資を始めてみてはどうだろうか。土地が狭くても、戸建住宅なら賃貸経営の夢を実現できる。それもそうだなと思った方は、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で不動産投資を始めてみればいいだろう。ここでは、賃貸経営を戸建住宅で始めるメリットと「casita(カシータ)」の戸建賃貸住宅が待つ魅力について紹介したい。

戸建住宅で賃貸経営するメリット

戸建住宅で賃貸経営をするメリットは利回りの良さが挙げられる。アパートを建設する場合、初期投資額はどうしても大きくなってしまう。それに、賃料もそれほど高く設定できない。この点戸建住宅なら投資額は安く済む。しかも、投資額とリターンのバランスが取れている。カシータの戸建住宅は低コストで建設可能で、コストパフォーマンスが非常に良い。戸建住宅はマンションやアパートと比較すると物件数は少ない。住むなら戸建住宅がいいという方も多いのだが、供給が追い付いていない状態だ。このため、空室のリスクを恐れる必要があまりない。

また、戸建て住宅なら物件の立地をそれほど気にする必要もない。マンションやアパートは駅から近いことが非常に重要なポイントになる。駅から少し離れたり、周りに店舗が少ないなど利便性が悪いと家賃を安くしないと入居者は集まらない。しかし、戸建住宅なら需要もあり家族持ちの方が借りることも多く、住みよいところにあるなら立地にとらわれることはない。

長期優良住宅だから安心

「casita(カシータ)」は高品質な長期優良住宅だ。気密性と断熱性能型に優れているので、外部の熱や寒気の侵入を防げる。外部に室内の空気を逃がすこともないため、冷暖房費をおさえることができだろう。くわえて、耐震強度も高く震度6強の1.25倍に相当する地震でも壊れることがないように設計されている。このように、快適に安心して生活できる住まいがcasita だ。また、長期優良住宅はリフォームがしやすいというメリットもある。可変性が高いので、ライフスタイルに応じて柔軟に住環境を整えられる。長期優良住宅は、平成21年度に設けられた長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づいて建築される建物だ。建設工事をする前には役所の申請し認定を受ける必要があるが、固定資産税や登記代が安くなるなど税制面の優遇も受けられる。

安心のサポート

長期優良住宅でもあるcasita は、サポート体制がしっかりとしているので、安心して賃貸経営を始められる。長期優良住宅といえども、定期的なメンテナンスは必要だ。casita はカーサプロジェクト株式会社がプロデュースする戸建賃貸住宅だが、住宅の建設は地域にある提携の建設会社が行う。地元にある建設会社なら、トラブルがあったときでもすぐに問い合わせできる。それに地域の事情にも明るいはずだ。このため、建設前からさまざまなことを相談できるはずだ。また、地元の建設会社なら、すばやくトラブルに対応してくれるだろう。

戸建住宅で不動産投資を始める

不動産投資と聞くとマンションやアパートのことだと考えてしまいがちだ。しかし、戸建住宅でも賃貸経営はできる。戸建住宅なら土地の大小にかかわらず不動産投資が可能だ。「casita(カシータ)」なら高品質な長期優良住宅で、賃貸経営を始められる。くわえて、初期費用を抑えられるのもメリットだ。不動産投資を始めたいと考えているなら、「casita(カシータ)」の戸建住宅も視野に入れてみるといいだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。