realestate

戸建賃貸住宅のすすめ!戸建てを利用して賃貸経営するメリットとは!?

賃貸経営というとアパートやマンションが一般的なイメージとして思い浮かぶけれど、一戸建て住宅を利用した賃貸という方法もある。ここでは、そんな一戸建て賃貸を始めてみたいという方や興味を持っている方が知りたいこと、アパート・マンション経営と戸建賃貸との違いや戸建てを利用した場合のメリットなどについて考えていきたい。

戸建賃貸住宅とは

自身が所有している土地に一戸建てを建設し、貸し出すことによって収入を得る物件を戸建賃貸住宅という。最初から賃貸のために建設したものだけでなく、もともと自身が住んでいた戸建てを、住まなくなった後で賃貸住宅として活用する場合も同じである。その際には、リフォームなど手を加えることにより、第三者に賃貸できる状態を整えることになる。

アパート・マンション経営との違い

アパートやマンションを最初から所有しているという方は少ないだろう。多くの場合、賃貸経営のために物件を購入するか、ふさわしい土地を手に入れてから新築することになる。いずれにせよ、多額の費用がかかる。戸建ての場合は持ち家を活用することもできるし、新築する場合も一軒あたりの建築費用は安く抑えられる。またアパート・マンションの場合、駅から近いなどの立地条件が良くなければうまくいかないリスクもあるが、戸建の場合は立地条件にあまり左右されない。交通の便などが多少悪くても、戸建て住宅なら借り手が見つかる可能性は大きくなる。

戸建賃貸住宅のメリット

戸建ての場合、土地が狭かったり変形していたとしても、それに合わせた住宅を建設することができる。どのような土地にも対応でき、無駄なく利用できることになる。さらに戸建賃貸の借り手は長く入居するケースが多い。間取りが充実しているため子供の成長などで引っ越す必要はなくなるし、アパート・マンションと比べても、家族連れで長期間住むことが多くなる。また戸建賃貸の場合は入居者が自分たちで庭の手入れなどしてくれることも多く、管理の手間が少ないということもメリットである。

戸建賃貸のすすめ

様々な理由で一戸建てを建てられないけれど、持ち家感覚で戸建てに住みたいという人や、アパートやマンション暮らしではできないことを、戸建賃貸で経験したいという人もいるだろう。同じ賃貸でも、やはり戸建てのほうが住む人にとっては自由度も高く、戸建賃貸の需要は大きい。戸数が不足している今、ビジネスとして十分成り立つに違いない。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。