casita

不動産投資として最適な戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」を利用した戸建賃貸経営

いま不動産投資として戸建不動産経営に注目が集まっている。不動産投資と言えばこれまで圧倒的にマンションやアパート経営が主流であった。それに対して戸建不動産投資はそれほど注目されることがこれまであまり無く、最近の日本の人口の伸び悩みなどの影響もあって、近年は新しい資産運用商品としても人気である。今回はその中でも比較的少ない初期投資でできる戸建賃貸経営の商品を紹介する。

戸建賃貸経営とは

戸建賃貸経営は、土地を所有者が戸建住宅を建てて、その住宅を賃貸用として家賃収入を得る土地の活用方法である。この戸建賃貸経営の良さは供給量が圧倒的に少ないため、入居率が非常に高い事が特徴だ。安定した家賃収入を得ることができるため、これまで不動産投資に不向きといわれた地域でもできる、新しい資産運用商品である。

戸建賃貸経営がなぜ人気か

ここ数年大都市圏以外では人口減少もあり、不動産投資の供給バランスが崩れて家賃収入は下落傾向にあるのが実情だ。そのためこれまでのような、マンションやアパートを建築する不動産投資では入居率が下がっていることもあり、安定した家賃収入の確保ができなくなっているのである。それに対して戸建賃貸経営はまだ供給が少ないため、入居率も高く、家賃も高く設定できる事が特徴だ。また入居者もファミリー層であり、彼等は安定した収入を得ているサラリーマンである。家賃回収も不安が少なく、そのため、初期投資額が少ない戸建賃貸住宅はこれから、更に主流となる可能性が高い資産運用商品だ。

casita を利用した戸建賃貸経営は不動産投資の初心者でも可能

casita(カシータ)は25坪から始める事ができ、土地の形状にとらわれること無く建てられる戸建賃貸住宅だ。またデザインや機能性に優れている事もあり、入居率も99.37%の実績がある。そして入居者はファミリー層が大半であり、オーナーとのトラブルも少ないのも特徴だ。マンション・アパートと違い複数の入居者が入らないため、近隣同士のトラブルも少なく管理もしやすい、誰でもできる不動産投資である。

戸建に入居する人達は学校の事もあり転勤など、よほどの事が無い限り引越しすることが無いのである。そのため、長期的に安定した家賃収入が期待できるのだ。casita(カシータ)であればファミリー層に人気の3LDK以上の広さがあり、防音性も高く入居率の心配はほとんど無いのである。

戸建賃貸経営の優位性

戸建賃貸はまだ認知度もそれほど高く無く、供給不足もあり安定した収入が期待できる不動産投資である。またマンション・アパートと比較して、固定資産税や都市計画税においても、減額効果が大きく、節税効果でも優位性があるのが特徴だ。これから何らかの節税対策を検討している人は投資も兼ねて、戸建物件の賃貸経営がおすすめである。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。