casita

戸建賃貸住宅における不動産投資で高く支持される「casita(カシータ)」

不動産投資を行う際にはほとんどの場合アパートやマンションなどの集合住宅が対象になるため、戸建ての賃貸住宅は絶対数が少なく希少性が高くなっている。

そうした希少性が高い戸建賃貸の中でも高いクオリティとデザイン性を有しているのが戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」であり、長期優良住宅に認定されていることも大勢のオーナーに選ばれている所以である。

商品住宅としての特性を活かした戸建賃貸住宅

カシータが手がける戸建賃貸住宅のクオリティが高いのは、日本における住宅の概念を変化させるという強い理念の元進められているカーサ・プロジェクトが関係している。

カーサ・プロジェクトの作るcasa cube(カーサ・キューブ)などは商品住宅とも呼ばれていて、全国に点在している高い技術とデザイン能力を有した建築会社や工務店と手を組んでネットワークを形成する事により、商品開発をはじめ資材の調達や集客、販売までを共有している。

そのようなネットワークにより、デザインが高い上に性能にも優れている戸建賃貸住宅がリーズナブルに提供できるようになっていて、高いクオリティとデザイン性があるのにも関わらず、建築に際して負担が無いという好条件が生み出されている。結果的に入居者の需要が高く、稼働率も99.37%という驚異的な稼働率を実現している。

建築コストが低い理由

一般的な事例と比較すると設計料の割合は取り分けて顕著に感じられ、通常優れたデザインの注文住宅の完成を目指す際には建築家に依頼した場合、総工費に加え10%から15%もの設計料が追加で必要になることが多い。

つまり、総工費が3千万円であれば設計料が300万円から450万円にもなる計算ですが、「casita(カシータ)」においてはデザインと設計、仕様が予め定められている戸建て住宅であるが故に、建築毎に設計料は必要ない。

しかも予め定められている間取りや収納スペース、窓の位置や設備、照明などは優れた知識と技術を有している建築士によるものなので、金銭的な負担を含むあらゆる負担が無い状態で最良の戸建賃貸住宅が完成する。

もちろん、コストが抑えられているのは要する建材が負担なく手配できている点も関係していて、施工に際しては同一の設計図が用いられて進められる上に、用いる建材も同一なので、工場にて大量生産された材料を共有すれば大幅にコストカットに繋げらるし、工期の大幅短縮にも繋げられる。

そして、戸建賃貸住宅はまるで持ち家の一軒家に生活しているような気持ちで住みたいというファミリー層からの人気が根強いので、駅にさほど近くない場所に土地があるという場合でも不動産投資に乗り出す事が可能だ。さらに一家が生活するからこそ契約期間が長くなり安定的な不動産投資による不動産収入が得られえる。

 

このように「casita(カシータ)」は、貸し手にとっても借り手にとっても非常に多くのメリットがあるため、不動産投資で高く支持される戸建賃貸住宅なのだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。