casita

賃貸経営支援も充実の不動産投資が可能な「casita(カシータ)」

戸建賃貸住宅で不動産投資をするなら「casita(カシータ)」がおすすめだ。

賃貸経営支援

この「casita(カシータ)」を選択するメリットは、土地探しから建築、入居活動から賃貸管理まで、グループ企業の建築・不動産業の経験を活かした賃貸経営支援が利用できる点が挙げられる。このサポートサービスのおかげで余計な手間をかけることなく不動産投資することができる。

資産形成の目的によって投資額を決められる点も選ばれる理由の一つになっています。ほとんどの資産形成に活用することができるので、柔軟に投資規模を設定することが可能です。

事業融資を活用可能

また住宅でありながら住宅ローンではなく、事業融資を活用しやすい点もメリットの一つ。銀行は法定耐用年数を基準に積算評価法によって融資期間を設定しているので、中古物件だと返済期間が短縮される恐れがあります。さらに多額の自己資金が必要である場合が多いので、一般のサラリーマンなどはなかなか不動産投資をすることが難しいとされている。しかし、casita では新築物件を投資することになるので、建築物の評価がしやすく最新の法令に準拠しているので金融機関も安心して融資を行ってくれる。このように融資条件もよく修繕費用などの手出しが少ない新築物件は、中古物件より収益性が高いと言える。

casita では提携の金融機関を複数紹介するので、金融機関と直接交渉することがなくスムーズに融資を受けられる可能性も高い。家賃保証や空室保証、サブリースなどの保証も充実しているので安心して投資することが可能だ。

99.37%の驚異的な入居率

賃貸経営をするにあたり、やはり一番気になるのは空室になってしまうのではないかではないだろうか。その中でも戸建賃貸住宅casita は、「99.37%」という驚異的な入居率になっている。なぜこのような驚異的に入居率になっているかというと、需要に対して圧倒的に供給が少ないので空室リスクが少ないことが挙げられる。戸建てに住みたいと思っている方は多いのが、賃貸物件は集合住宅に比べて圧倒的に戸建て住宅の数が少ないのが現状。その現状を利用して不動産投資を行っているので、空室リスクが少なくなるのは当然のことだ。また住宅の機能や性能が高い戸建てを提供しているので、入居者の生活レベルが高く入居期間が長いという特徴がある。戸建てなので子どもがいる家庭が入居する確率が高く、子どもの学区などの関係で入居期間が長いという特徴もある。

 

戸建ては集合住宅に比べ狭い土地面積でも可能で、初期投資である建築の費用を抑えることができる。また、共用スペースがないので管理費やメンテナンス費が少なくて済む。このような理由から戸建賃貸住宅での不動産投資するのが最適だと言える。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。