「casa cube」の耐久性の秘訣。床下のすみずみまで風を送る「床下換気」。2016.08.10Wed

従来の住宅は、基礎のコンクリートに穴を開けることで、床下の換気を行ってきました。

しかしそれでは、風がまんべんなく行き渡りませんし、その風が、床下全体に均等に渡るのは難しいでしょう。それは、換気の問題だけでなく基礎のヒビ割れの原因にもなります。

また、寒い地域では床下換気口があることで床から冷気が上がってきます。

床下のすみずみまで風を送る床下換気

14

湿気によって最も影響を受けやすいのは床下です。

他にも特にお風呂、トイレ、台所などの水回りは要注意です。

床下で腐朽やカビなどを発生させにくくさせるには、換気をよくすることで湿気を排出することが最も効果的です。

casa cubeでは、基礎土台の間に通気ができる基礎パッキンをはさむことで、床下全体に風を行き渡らせ、湿気を取り除きます。腐朽菌やシロアリの発生を防ぎ、住まいの耐久性をより高めています。

 

日本は地震大国です。

土台にヒビが入れば、地震時に弱くなって揺れに耐えきれず崩壊の恐れも懸念されます。

穴を開けずに換気をすることにより、施工法は基礎を頑丈にという発想から「casa cube」の床下換気は、基礎には一切手を加えず、基礎パッキン等で通風が賄える様に改良されているのです。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家