realestate

「インカム住宅」なら事業ローンを使って戸建賃貸住宅とマイホームを併設できる!

マイホームの建設を考えていても、住宅ローンを組んで数十年払い続けていくことを考えると、不安を感じてなかなか実行に移すまで至らないという人も多いのではないだろうか?そんな人にも知ってもらいたいのが「インカム住宅」というスタイルの家を建てることだ。マイホームだけなら莫大な出費でしかないとも言えるが、一方インカム住宅なら投資という側面も持つことになる。

「インカム住宅」とは何か?

インカム住宅というのは「収入付き住宅」というような意味で、マイホームに戸建賃貸住宅を併設して建てるタイプの住宅のことである。純然たるマイホームという場合と違い、賃貸住宅部分から収入を得ることが可能となるのでローンを組んで新築する場合、その収入をローンの返済に充てることができるというメリットがある。また、ローン返済終了後には賃料が収入となっていくから、将来的には収入アップも見込めるわけである。収入を見込める家であれば、これまで二の足を踏んでいた人たちにも再考の余地が出てくるだろう。マイホームを建てるだけであれば数千万単位の莫大な出費でしかないともいえるが、インカム住宅というスタイルであれば、不動産投資としての側面も持っているため、建設費も投資として考えることができる。

住宅ローンと事業ローン

家を建てるならほとんどの人はマイホームにせよ賃貸物件にせよローンを組むことになる。住宅ローンの場合個人の収入のみが審査の対象となるが、事業ローンの場合は賃貸物件の収益性も審査の対象となるため収益性をきちんと考えておけば事業ローンを借りることができる。この場合借入額の上限が住宅ローンの場合より高く設定されるなどの違いがある。

需要が見込める戸建て賃貸住宅

ローン返済の原資として、あるいは将来の不労所得として賃貸収入をあてにして戸建て賃貸住宅を建てても、借り手がいなければ意味がない。当たり前のことではあるが重要なポイントである。その点戸建て賃貸住宅はマンションやアパートに比べ絶対数が少ないのに加え、需要に対しての供給量がまだまだ少ないと言われている。また、主に家族連れが借り手となることが多い戸建て賃貸住宅は、マンションなどに比べ利便性より住環境の良さが求められる傾向がある。その点、もともと自分たちのマイホームを建てようとしている場所であるから、マンション等より戸建て賃貸住宅として向いている場合が多いといえるだろう。

「インカム住宅」という住まいと不動産投資のカタチ

賃貸収入を見込めるインカム住宅ならば普通に家を建てるより少ない負担でマイホームを手に入れられるだけでなく、ローン返済後、将来的には賃料を収入として手にすることも見込める。すでにマイホームの購入を考えている人はもとより、マイホームは敷居が高いとあきらめていた人にも再考の余地があると言える。インカム住宅という住まいと不動産投資のカタチは一度考えてみる価値があるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。