realestate

不動産投資におすすめ!一戸建ての住宅を賃貸として活用した戸建賃貸住宅。

サラリーマンや自営業者の副業として、また定年退職後に収入を得る手段として、不動産投資を考えている方は多いのではないだろうか。不動産投資というと、マンション等の集合住宅をイメージしがちだが、実はそれだけではない。手持ちの土地に一戸建ての住宅を建て、戸建賃貸住宅として活用するという手段もあるのだ。戸建賃貸住宅とは具体的にどのようなものだろうか?

不動産投資を考える理由

不動産投資の魅力として考えられる点として、かける労力に対して得られる収入が多いということが挙げられそうである。土地を用意し、物件を調達するという高いハードルはあるものの、それさえクリアすれば、あとは「物件がお金を稼いでくれる」。つまり、自分自身のかける労力がその分減るため、例えば他の仕事をしながらでも収入の手段として成立させられる。そんな効率の良さに惹かれる方も多いだろう。

なぜ一戸建てを活用するのか

不動産投資というと、マンションなどの集合住宅を活用するという手段が最初に思い浮かぶのではないだろうか。入居者が多くなればそれに比例して収入はアップする。しかし、集合住宅の場合、どうしても建物は大きくなってしまうため、広い土地が必要となるし建築コストもかかる。また入居者がうまく集まらないと、期待した収入が得られない可能性もある。

そこでもうひとつ考えられるのが、一戸建て住宅を活用する手段である。一戸建ての住宅を建てるには、集合住宅ほど広い土地は必要ではないし、建築コストも比較的安く抑えられる。従って、集合住宅よりも無理なく始めることが出来ると言える。

戸建賃貸住宅のメリット

一戸建てを活用した不動産投資の手段となる戸建賃貸住宅。そのメリットの一つとして、「無駄のなさ」が挙げられるのではないだろうか。例えば、一軒の住宅を賃貸物件として利用する場合、入居者が一組見つかればそれで物件は埋まることになる。つまり、想定した収入を確保することにかけては集合住宅より容易になると考えられる。また、仮に手持ちの土地の面積がそれほど広くなかったとしても、それを有効活用することが出来る。戸建賃貸住宅を活用することで、このようなメリットが得られる可能性があるのだ。

ユーザーのニーズに応える効率的な不動産投資

子供が生まれて家族が増えるなどの理由で、集合住宅から一戸建ての住宅に移りたいという考え方は、昔も今も変わらないのではないだろうか。しかし、自分で家を建てることは、費用などの事情もあり、場合によっては難しい。そんなニーズに応えられる手段のひとつが、戸建賃貸住宅である。集合住宅と比べて効率の良い戸建賃貸住宅で、収入を得ることを検討してみてはいかがだろうか。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。