casita

賃貸住宅経営なら戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」がおすすめ!

アパートやマンションの賃貸経営は、トイレやキッチンを個別に設置するため、おのずと建築費用が高くなり、利回りも低くなるのが特徴だ。戸建賃貸住宅経営は、利回りの良さや狭小地を利用した経営が可能で、立地条件も左右されにくいことから人気になっている。ここでは、小さいリスクで始めることができる戸建賃貸経営「casita(カシータ)」を詳しく紹介しよう。

25坪あれば始められる戸建賃貸住宅

カシータは、1棟あたり25坪以上あれば戸建賃貸住宅を建て、賃貸住宅の経営が可能だ。60坪の土地があれば、カシータの住宅は2棟、駐車場は1棟それぞれに2台のスペースを確保することができる。コンパクトなスペースを有効活用することで、住宅建築のコストダウンを実現し、優れた利回りを期待できるシステムだ。アパートやマンション経営の初期費用に比べて、低価格で済み、アパート経営などの30年一括借り上げシステムのようなリスクもない。

今までの賃貸住宅を超えるクオリティ

casita で特徴的なのは、そのクオリティの高さ。アパートやマンションに住んでいた人が賃貸住宅としてカシータを見学するとその高品質で、注文住宅のような作りに驚くという。システムキッチンは、2メートル前後のサイズでゆとりがあり、スライド収納も完備している。太陽の光を上手く取り入れるテラスが設置され、広々としたダイニングとリビングなど、賃貸マンションやアパート物件では実現が難しい高品質の設備を取り入れることが可能だ。広い風呂や最新式のトイレ、使いやすいクローゼットなど借り手の住みやすさを重視している。

選べる間取りやプラン

カシータには、主に3パターンのプランが用意されている。マスタープランでは、注文住宅の感覚で生活できる工夫が多い。広いキッチンやアイランドキッチンが備わったプラン、ウォークインクローゼットが充実しているプランなどを25坪前後の大きさで実現可能。大切な車を保管できるガレージプランは、バルコニーや収納が充実しているプランがあり開放感のある設計ができる。ファミリーに人気なのが屋上テラス付きのルーフトッププラン。長方形で、さまざまな敷地に対応できるプランや4人家族を想定したプランなど、戸建賃貸住宅を建てる土地柄やニーズに合わせて最適なプランを選ぶことが可能だ。

リスク少なく希少価値の高い戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」

25坪の小さい土地でも、賃貸経営を始めることができる「casita(カシータ)」。マンション、アパート経営のように高額な初期費用がかからないため、少ないリスクで始めることができる。まるで注文住宅のような、品質の高い戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は希少価値が高く、借り手のニーズにマッチする住宅を提供できれば、安定した経営が可能となる。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。