casita

賃貸住宅経営を実現可能にする戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」

将来のことを考えて賃貸住宅の経営を考えているという人もいるだろう。その時に大切なのは、どんな賃貸物件にするかということである。そんな時には、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」という選択肢もある。アパートやマンションとは違う、戸建住宅ならではのアピールポイントがたくさんあるのだ。では戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が賃貸住宅として向いている理由とはなんだろうか。

希少性の高さ

戸建賃貸住宅casita が賃貸住宅として向いている理由は、その希少性だ。賃貸経営の最大の壁は借り手の確保だ。どれだけ利便性が高い土地でも、建物に魅力がなくては借り手は現れないだろう。戸建賃貸住宅は供給率が少ないため、土地の立地に左右されることが少ない。また、想定される入居者もファミリー層が考えられるため、入居期間が長いことが想定される。仮に空き室になったとしても、その稼働率の高さからすぐに新しい入居者を期待することができる。戸建賃貸住宅casita はこれまでの賃貸住宅という概念を覆してくれる物件だ。

狭い土地を有効活用

戸建賃貸住宅casita は、賃貸住宅の経営についての悩みを解決してくれる物件である。賃貸住宅を建てるにあたり、土地の広さは重要な要素である。casitaの戸建賃貸住宅は、25坪という広さがあれば十分に建てることができるのだ。それでいて、室内が狭く感じるということはないため、入居者も満足することができる。これまで土地が狭いことから賃貸住宅の経営は諦めていたという場合でも、casita なら実現するこができる可能性があるのだ。

アフターケアも充実

それぞれのライフスタイルに合わせた豊富なプランを提供することができる戸建賃貸住宅casita は、一戸建ての注文住宅と同じ設備が整っているだけでなく、長期優良住宅にも対応している物件だ。だが、生活していくなかではトラブルが起きることもある。長く住んでいると快適に暮らし続けるということが難しくなるかもしれない。だが、casita は戸建賃貸住宅を建てた後の点検やメンテナンスといったアフターケアにも力を入れているのだ。casita は、全国各地の住宅会社との協力体制をとることで、速やかな対応を可能にしている。初めて賃貸住宅を経営するという人にも安心して行うことができるという戸建賃貸住宅なのだ。

賃貸住宅を経営するために必要なこと

賃貸住宅を経営するために必要なことは、いかに入居希望者を集めるということだ。デザイン性に優れ高品質である戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は、入居率を高めてくれる要素を持っている。また、メンテナンス等のアフターケアも行ってくれるため、今まで賃貸住宅の経営に携わってこなかったという人も、安心して始めることができる商品なのだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。