casita

賃貸住宅経営を検討している人におすすめの戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」とは!?

賃貸住宅の経営を検討している人にとっては、経営をサポートしてくれるパートナー選びが利益の面でも大きな課題となっている。そんな賃貸住宅経営のパートナーとして注目を集めているのが、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」だ。今回はそんな戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」がどのような住宅なのだろうか?

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」とは

戸建賃貸住宅casita は名前の通り、戸建住宅を賃貸住宅として利用することができる住宅のことを指している。一般的に賃貸経営と言えばマンションやアパートを連想する人が多いが、マンションやアパートの場合は立地の条件や管理が難しいなどの問題を抱えていることが多い。そのため徐々に手軽に賃貸経営することができる戸建賃貸住宅が注目を集めており、その中でもcasita は長期優良住宅などの条件の良い戸建て住宅を賃貸経営することができるところが注目されている。

「casita(カシータ)」の特徴

そんな戸建賃貸住宅casita(カシータ)の特徴は、建設費用がリーズナブルである点や狭い面積でも運用可能である点が挙げられている。戸建賃貸住宅の場合は家賃収入が一戸分しかないことから、初期費用をかけ過ぎてしまうと損をしかねない。また面積が狭いと土地活用したい時に運用が難しいというデメリットもあるため、戸建賃貸住宅を経営しようとするとこれらの問題がネックとなる。casita(カシータ)は25坪という面積でも賃貸住宅を運用することが可能であるほか、建築費用が1000万円以下で長期優良住宅を建てることも可能となっているのだ。

空室対策の面でも魅力がいっぱい

また戸建賃貸住宅casita(カシータ)ならではの魅力として、賃貸住宅で気を付けなければいけない空室対策がしっかりしている点がある。casita(カシータ)は20年一括借上制度と呼ばれるものがあり、空室ができても毎月の借上賃料を支払ってもらえるので安定した収入が確保できるのだ。さらに間取りなどの基本設計が決まっているので、設計に関して迷う必要がないところも魅力の一つと言える。特に設計はプロが狭い面積でも機能性を重視して検討していることから、失敗するリスクが低いところがメリットだ。

戸建賃貸住宅を検討している人におすすめのcasita(カシータ)

賃貸住宅の中でも需要が高まってきている戸建賃貸住宅の中でも、「casita(カシータ)」は安全性も高く失敗のリスクの低さから安定して賃貸経営することができるサービスまたは住宅として人気を誇っている。賃貸に入居する側からの満足度も高いため、これから戸建賃貸住宅の経営を検討しているのであれば「casita(カシータ)」の利用がおすすめだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。