realestate

積極的な土地活用には「戸建賃貸住宅」による賃貸経営がおすすめです!

土地所有者にとって、その活用方法は大きな問題である。土地はただ所有しているだけでも固定資産税が発生し、さらに相続の際には相続税が発生するため、事前に有効な対策を検討しておくことが必要だ。土地活用には戸建て賃貸住宅による賃貸経営がおすすめ。戸建て賃貸住宅による賃貸経営の特徴やメリットなどについて、詳しく確認してみよう。

安定した収入が得られる戸建賃貸住宅

投資といえば株式投資やFX(為替)投資、仮想通貨投資などが人気となっているが、これらの投資には大きな収入が得られる可能性がある一方で、大切な資金を失ってしまう可能性も大きい。銘柄の選択や投資のタイミングを判断するのは難しく、初心者にとってはハイリスクな投資だといえるだろう。一方で土地活用による賃貸経営などの不動産投資は、安定した確実な収入が得られることが特徴である。賃借人が確保できれば月々の家賃収入が得られるし、建築した戸建て住宅はあなたの資産となり、評価額による資産価値を期待することができるのだ。不動産投資は投資初心者にも最適な、堅実な選択肢なのである。

大きな金額の投資が可能

投資のためにはある程度のまとまった資金が必要であり、資金が限られる人の場合には投資の選択肢が限定されることになる。不動産投資はローリスクで安定した収入が期待できるが、一方で数千万円から数億円といった大きな資金を必要とすることが特徴である。ただしすでに土地を所有する人の場合には、土地を担保として金融機関からの資金の借り入れが可能になるため、自己資金が少なくても不動産投資を始めることができる。土地を担保とすることで低金利で必要な資金が借りられるし、借り入れた資金は家賃収入で無理なく返済できるため、通常では難しい大きな金額の投資が実現できるのだ。

相続対策にも効果的

土地や現金などの資産を有する人が亡くなった場合には、これらの資産に対して相続税が発生することになる。戸建賃貸住宅による賃貸経営は、相続対策にも有効である。まずは所有する現金を戸建て住宅などの建築物にすることにより、評価額を4割程度減らすことができる。建築物の用途を貸家とすることで評価額を3割程度減らすことができるし、土地が更地の場合には貸家建付地とすることでさらに2割程度減らすことができるのだ。銀行からの資金の借り入れを利用した場合には、借り入れの残額を建物の評価額から控除できることも、大きなメリットだといえるだろう。

投資初心者にも最適

戸建賃貸住宅による賃貸経営には、様々なメリットがある。まずは株式投資などとは異なり、初心者でも安定した収入が期待できることがあげられる。さらに相続対策にも効果的であり、相続税の課税対象となる資産評価額を、大きく引き下げることができるのだ。土地活用による積極的な投資を検討する人には、戸建賃貸住宅による賃貸経営がおすすめだといえるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。