casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が変える日本の住宅の未来。

1棟あたり25坪以上の土地があれば気軽に賃貸オーナーになれる「casita(カシータ)」は、貸す人、借りる人の関係がWIN×WINになる戸建賃貸住宅。そもそも需要に対して供給が圧倒的に少なく希少性が高い戸建賃貸住宅であるばかりでなく、デザイン性や機能性、スペックが高いので借り手もすぐに見つかり、満足度も高い。

その「casita(カシータ)」がさらに普及すれば、日本の賃貸市場だけなく、住宅市場が変わっていくだろう。戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が変える日本の住宅の未来とは、どのようなものなのだろうか。

1.ストック型の住宅へ

そもそも日本の住宅は、何も考えずとにかく建ててしまっている。30年以上の長期ローンでマイホームを購入し、30年経過したら劣化したり、時代にそぐわなくなったりして、また建て替えてしまう「スクラップ&ビルド」の状態が続いている。もちろんそれは、経済的にも地球環境的にも負荷が大きい。

そこでcasita のような街並みも意識して作られた、デザイン性の高い賃貸住宅が普及したらどうなるだろうか。

長期優良住宅認定で、耐久性も高くメンテナンスも容易なので、イニシャルコストだけでなくランニングコストも高くない。そして、モダンなデザインで使い勝手も良い間取りなので年数が経過しても残り続けるだろう。これからの時代に求められる ストック型の住宅のスタンダードになるかも知れない。

2.所有から共有の時代へ

マイホームを持ちたいと思う家庭は多いが、終身雇用の社会構造が崩れ、30年を超える長期の住宅ローンを非現実的と考える若い世代の人たちは非常に多い。それでも平成28年に国土交通省が発表した調査によれば、「今後望ましい住宅形態」として70.2%の人が「一戸建て」を希望しているなど、一戸建てが理想的な住宅であることに代わりはない。

そこで、戸建賃貸住宅がさらに普及したら、マイホーム購入など住み手に負担の大きいスタイル、つまり一戸建てを所有することなく一戸建てに住むことができる。さらに注文住宅のクオリティで持ち家派も納得のcasita なら、住み手が十分に満足する事ができる。

casita は、一戸建てを所有することなく、戸建賃貸住宅という共有の時代を作り出す。

3.持ち家でしかできなかったことが賃貸でも可能に

戸建であっても賃貸であれば自由度が低かったのは、今までの時代。casita には、持ち家としての快適さを大切にした「マスタープラン」や開放感あふれる充実の「ガレージプラン」、新たな価値を提案する「ルーフトッププラン」があり、今まで持ち家でしかできなかったことを賃貸でも可能にした。持ち家のように、自分や家族のライフスタイルを尊重する住まい方を賃貸住宅でも実現できるのだ。

 

少し大袈裟かも知れないが、このように「casita(カシータ)」は日本に住む人達のライフスタイルをより良いものにしてくれる。あなたが「casita(カシータ)」で戸建賃貸住宅のオーナーになることで、日本の住宅の未来が変わる可能性があるのだ。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。