casita

マイホームが欲しい家族に朗報!戸建賃貸住宅casitaで始める「インカム住宅」という選択肢。

日本人であれば元々の憧れが強い人も多いし、結婚したり、子供ができたりと大きなライフイベントが起こると考えるのが、マイホームだろう。ただ今のご時世、雇用が不安定なだけでなく、少子高齢化社会で、将来、年金だってどうなるかわからない。そんな状況の中で、何十年ものローンを組んで、何千万円もの借金を負うことに腰が 引けてしまう人がほとんどだ。

だが、マイホームを建築する際の住宅ローンの一部、もしくはほとんどを誰かが支払ってくれるという事があったら建ててみたいと思うだろう。

「インカム住宅(収益併用住宅)」という選択肢

通常のマイホームは、当然というか当たり前なのだが、自分と家族が住まう1棟のみ建築して普通に住宅ローンでお金を支払っていく。これに対して、インカム住宅は、収益併用住宅のことで、例えば2棟以上同時に同一敷地内に建築し、そのうちの1棟をマイホームとして自宅にして、それ以外を賃貸住宅にしてしまうという考え方の住宅だ。

賃貸住宅からは入居者が住み続ける限り家賃収入が入り、マイホームのローンの支払いに当てるというとても堅実な方法として、十分に検討できる選択肢として注目を集めている。

毎月の支出がなくなり収入を得られることもあり得る

戸建ての賃貸住宅は、供給に対して圧倒的に供給数が少なく、希少性が非常に高い。空室リスクが少なく、高い家賃設定で高利回りが期待でき、毎月の支出がなくなり、収入を得られることも十分にあり得るのではないだろうか。借り手にとって魅力的な賃貸物件であれば、クレジットも高い入居者が入ってくれるかもしれないし、長く住んでくれるだろう。

例えば、戸建賃貸住宅のcasita であれば、十分にインカム住宅としての力を発揮する。戸建賃貸として開発されたcasita は、戸建住宅としてデザイン性やスペック、機能性などクオリティが注文住宅並みに高く、住み手が十分に満足できる住宅である。持ち家感覚を大切にしたcasita であれば、1棟をマイホームとして自分で住んでしまっても十分に満足できる。マイホームとしても住み手が満足できる家だから、自分が住む以外のcasita でも、すぐ借り手が見つかるだろう。

 

「casita(カシータ)」は、不動産投資や賃貸経営だけでなく、マイホームの可能性も広げる戸建賃貸住宅である。住宅ローンだけでなく、不動産投資として活用できることから事業ローンを活用できる可能性もあるので、一度は検討してみても損はないハズだ。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。