casita

普通の会社員だからこそ始めたい戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」での不動産投資。

現代に生きる日本人は、お金について色々悩まされている。日本の財政赤字の問題もあるし、超高齢社会になり社会法消費が跳ね上がり、年金は自分達の世代に支払われないのではないか、という様々な不安要素が連日のニュースで流れているからだ。年功序列で給料が上がったり、終身雇用が当たり前だったりする時代とは違い、いつ職を失ったり、給料が減るかわからない。

将来損するハズのお金を今損している

みんな老後の不安をやわらげるために、幾ばくかのお金を貯金や保険に回して倹約に務めている。必ずしも悪いことではないが、根本的な解決にはなっていない。それは今使えるお金を将来に取っておいているだけで、お金が増えているわけではない。将来損するハズのお金を、今損しているに過ぎないのだ。

戸建賃貸の不動産投資で生涯年収を増やそう

では、どうしたらいいのか。結局のところ生涯年収を増やすこと以外に道はないのだ。キャリアアップして転職したり、何か副業を始めたり、あるいは株やFXをやったりと方法はいろいろあるが、そのために勉強の時間を割いたり、大きなリスクを背負ったりと会社員の有限なリソースの中では非常にハードルが高い。

その中でも、現実的な提案として戸建賃貸住宅での不動産投資が有効だと考える。不動産投資と聞く相当なキャッシュを持っていないとできない気がしてくるだろう。だが、アパートやマンションであれば土地の取得費用も建物の建設費も莫大になるが、戸建賃貸住宅であれば、比較的小さい土地の中で、ロットが小さい単位からスタートできる。

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で不動産投資

不動産投資としてポピュラーな、アパートやマンションでの賃貸経営は、これらは供給過多になっているし、差別化が非常に難しいので不動産のプロが戦う土俵である。何れにしても人口減少が進む日本の地方では、加速度的に空室リスクが高まっている。

その中で、戸建賃貸住宅は圧倒的に供給数が少なく、希少性が高い不動産物件であると言える。戸建の物件があったとしても、メンテナンスされていなかったり、持ち主が賃貸として貸し出すのを渋っていることもあるが、それでも需要に対して全く足りていないのだ。

数少ない戸建賃貸住宅の中でもcasita は、非常に優良な物件になり得る。そのデザイン性やスペックの高さ、コストパフォーマンスに置いて類をみない。借り手が「住みたい」と思ってくれる戸建賃貸住宅だから、安心して貸すことができるだろう。

 

あなたが普通の会社員だからこそ、生涯年収を増やすために戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」をインカム住宅として建てて、不動産投資を始めてみてはどうだろうか。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。