casitaspecial

株式会社 theHOUSE の梅村和利氏と経済評論家の上念司氏が対談!「casitaが挑む所有と利用とは」

前回に引き続き、戸建賃貸住宅 casita(カシータ)の魅力について、開発者である株式会社 theHOUSE 代表取締役の梅村和利氏と経済評論家の上念司氏が対談。

シリーズ最終回は、戸建ニーズ「所有」と賃貸ニーズ「利用」について対談。

「casita」開発者、梅村氏が目指すものとは!?

【上念司】経済評論家。中央大学法学部卒。大学卒業後に日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より経済評論家の勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立し、取締役・共同事業パートナーに就任。2010年、米国イェール大学の浜田宏一名誉教授に師事し薫陶を受ける。積極的な評論、著述活動を展開。主な著書に『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』(講談社+α新書)『日本は破産しない!』 (宝島社)『「日銀貴族」が国を滅ぼす』(光文社新書)『経済で読み解く大東亜戦争』(ベストセラーズ)『高学歴社員が組織を滅ぼす』(PHP研究所)『家なんて200%買ってはいけない!』(きこ書房)ほか多数と多方面で活躍している。

【梅村利和】株式会社 theHOUSE 代表取締役。大学の経済学部を卒業後、税理士事務所やプラント関連の建設会社勤務などを経て、2004年、新栄クリエイトを創業。「本物の環境にやさしい家」を目指してブランド「the HOUSE」を立ち上げ、100棟を超える住宅の設計、建築、リノベーションを行う。また、戸建賃貸「casita」を開発し、そのコンセプトと住宅としての性能の高さが評価され、2012年より本格的に全国販売が開始される。

_mg_4123

上念:経済評論家の観点から見ると資産全体のポートフォリオから土地を外せない方、例えば親から土地を相続される予定のある方や、空き家物件をお持ちの方などは低コストで建てれて、かつ店舗としても運用できるカシータは理想的ではないでしょうか。

また、相続の問題で権利を共有している方などは、賃貸物件を建て家賃収入をわけるなど、資産運用のソリューションスペースを広げてる意味でもカシータは良いと思います。

梅村:都心需要だと、相続や空き家の処分で悩まれてる方には、戸建賃貸は建物自体のコストは抑えられますし、土地を分割して建てれるので事業をクローズする時のことも視野に入れることができます。

地方需要であれば、戸建てニーズ、賃貸ニーズ共にありますし、土地が安いので、土地から戸建賃貸を始めることもできると思います。収益物件を目的として建てる場合は住んでる場所に拘る必要はありません。

_mg_0825

上念:借地で建てるのもアリですね。不動産投資と事業投資は似てて、私が運営しているスポーツクラブも借家をかりて、ジムの設備を買い、売上が上がるのですが、家賃と売上の差額が利益であり、利回りになります。カシータにも同じことが言えると思うのですが、土地を借りて、家を建て、ローンの金利と土地の地代から家賃の差分を引いたものが利回りにすることも出来るんじゃないかなと思いました。

梅村:地価の高い都心や人口が集約してる場所では、土地を持ってる方の取り組むモチベーションは確かに高いですね。都心や人気のある地域などは取れる家賃が高いので、上物の利回りを考えると高い利回りが期待できます。

_mg_4106

上念:「売るか・住むか」しかなかった土地に、カシータは新たに「貸す」という選択肢を加えましたね。SOHOや店舗向けにも活用でき、さらに選択肢を広げている。

梅村:カシータが果たす役割は2つあると考えます。一つは、将来の安心のための資産づくりに役立てていただくこと。もう一つは、一人でも多くの人に理想の住環境を提供することです。

これまでは、ガレージのある家や屋上、付加価値の高い生活のある家に住みたかったら自分で建てて「所有」するしかありませんでした。それに対して今は車は買わなくてもレンタカーなどで利用できますし、音楽が聴きたかったらCDを買わなくても携帯にダウンロードしたり、定額課金で視聴するコンテンツなど「利用」することができます。ミュージシャンも減ってないし、音楽も減っていない、しかし、「CD屋さん」という方はもうほどんど居なくなってる。

_mg_4092_1

上念:確かにそうですね。

梅村:どのサービスにも言えますが、今は「所有」か「利用」かという選択肢が選べる時代になったということです。同じようにどんな家でも「所有」と「利用」を自由に選べるとしたらもっとより良い世の中になると思います。

マイホーム作りのお手伝いであっても、一戸建ての良い住環境に住みたい方に環境をご提供するのであっても、お客様に一番適した形で良いコンテンツを届けようとすることは今も昔も変わりません。

2つの目的を持つカシータを広く知っていただくことにより良い社会作りに貢献できたら本望です。

 

3話に渡り、戸建賃貸住宅 casita(カシータ)の魅力について、熱くトークを交わした梅村和利氏と上念司氏。

戸建、賃貸にかかわらず、日本の住宅事情は大きな過渡期を迎えているのかもしれない。

また同様に、それを左右する日本の経済状況も変わりつつある。

お二人のさらなる活躍と、「戸建賃貸 casita」から今後も目が離せない。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。