戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」長期優良住宅が指示される4つの理由2016.09.16Fri

高稼働率で人気の高い「casita」。

その理由の中に「長期優良住宅」であることがあげられます。

「長期優良住宅」とは、これまで主流だった「古くなったら建て替える」という住まいスタイルではなく、

住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負担を減らし、

数十年経っても資産価値を高めていく住まいのことです。

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」長期優良住宅が指示される4つの理由。

その内容とはいったいどんなものか、詳しく触れてみました。

住む人を守る地震に強い家。

_MG_3606

 

長期優良住宅の認定基準では、

「極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の溶易化を図るため、

損傷のレベルの低減を図ること」と定められています。

具体的に、性能表示壁量・壁の配置・床倍率・接合部・横架材・基礎などの耐震性を一定以上にして、

大規模大震災が起こった際、各界(地上部分)の安定限界変形型の割合が定められています。

これを分かりやすく言うと、震度6強の大地震の1,25倍の地震でも壊れないレベルです。

安心して長く住める住宅です。

住む人に優しい、ランニングコストが安い。

eos-4640

 

機密性・断熱性が高く、冷暖房のランニングコストが安くてすみます。

機密性・断熱性に優れているということは、暑いときは家の中が涼しく、寒いときは暖かい。

断熱性能の低い住宅に比べエアコンをつける頻度が少なく時間を短くし、

設定温度を低く保て、家をすぐに暖めることができるなど、住む人にやさしい住宅です。

税制優遇。

 

4

 

一定の要件を満たせば、固定資産税や登記代が安く済み、税金面でも安心な家です。

税金の面でも、経済的に優れた住宅です。

数年たっても安心、リフォーム費用が安い。

_13A6727

 

変化性が高くリフォームもしやすく作られているので、将来の変化にも柔軟に対応できます。

どんな住宅でも年とともに劣化していくので、マイホームでも賃貸でも、

何年後かには当然メンテナンスが必要になってきます。

そのとき、壁を剥ぐなど大規模工事が必要になってしまったら、

オーナーにとっては大きなデメリットにでしかありません。

長期優良住宅は、メンテナンスが必要になったときにも大規模な工事をしなくてもいいように、

配管などの入れ替えがしやすいような二重構造にするなど、

最初からきちんと計画されているのです。

 

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」長期優良住宅が指示される理由、

それは、貸す人、借りる人、どちら側にもメリットがある〝暮らしやすい良い家である〟

ということではないでしょうか。

 

 

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。