casita

賃貸住宅としての新しい形である戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」

これまで、賃貸住宅には広い土地が必要だというイメージがある人もいるだろう。だが「casita(カシータ)」は違う。広い土地は必要ではなく、物件はマンションやアパートではなく、戸建賃貸住宅を採用している。戸建賃貸住宅は、立地に左右されにくかったり、入居期間が長かったりとメリットがたくさんある。「casita(カシータ)」で賃貸経営を始めることは、将来の資産を守ることにも繋がるのだ。

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の魅力

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の魅力は、狭い土地でも建てることが可能だということだ。25坪の土地があれば、一棟建てることは可能なのだ。これまで、狭い土地しかないからと諦めていた人も、土地を活用することが出来るのだ。そして、戸建賃貸住宅はコストがかかるというイメージがあるかもしれない。だが、「casita(カシータ)」はコストダウンにも成功しているため、費用を抑えて建てることも可能なのだ。高品質で低価格な戸建賃貸住宅は、貸し手にとっても借り手にとっても嬉しいことである。賃貸住宅で不動産投資をしたいと考えた時には、戸建賃貸住宅という選択肢もあるのだ。

「casita(カシータ)」の特徴

戸建賃貸住宅として活用することが出来るcasita(カシータ)だが、その物件の特徴は女性目線で設計されているということだ。家事を行うのは、女性が圧倒的に多く、1日のほとんどを家事に費やすという場合もある。女性目線を意識することにより、家事動線

また、広いキッチンでは調理がスムーズにしやすいように工夫されていたり、洗面所のボウルは、お手入れしやすいホーロー製が採用されている。casita(カシータ)は、戸建賃貸住宅でありながら、大きめのバスタブや広い収納スペースが完備されているのだ。

長期優良物件である「casita(カシータ)」

戸建賃貸住宅のcasita(カシータ)は、長期優良物件である。何世代にも渡って住み続けることが出来る長期優良物件は、戸建賃貸住宅としては大きなメリットになる。劣化対策にこだわっている住宅造りは、不動産の資産価値を高めてくれるので、不動産投資にはピッタリである。断熱性と気密性に優れているため、カビ対策にもなっているし、寒さや暑さからも守ってもらえる。また、厳しい耐震基準もクリアしているため、震度6強の地震にも耐えることも出来るのだ。casita(カシータ)は、安心して長く住み続けることが出来る賃貸住宅である。

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の需要

戸建賃貸住宅である「casita(カシータ)」の需要は、他の賃貸物件と比べると比較的高めであり、「casita(カシータ)」は、将来性が高い賃貸物件である。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。