realestate

これからの土地活用には戸建賃貸住宅で賃貸経営という選択肢も。

ご両親から譲り受けた土地の活用について頭を悩ませている人も中には居るのではないだろうか。土地活用にはその土地に建物を建てて賃貸住宅とし、家賃収入を得るというのが一般的だ。これまで家賃経営といえばマンションやアパートが主流だったが、時代とともにニーズも変化していき、戸建賃貸住宅に注目が集まってきている。

土地活用で戸建賃貸が注目されてきている背景

どうして相続した土地活用に戸建賃貸住宅が注目されてきたのかというと、一戸建てをはじめとしたマイホームを購入するという人の割合がこれから変化していく事が挙げられる。いうまでもなく日本は少子高齢化の道をこれからも進んでいく事だろう。そうすると人口に対して住宅の割合というのはどんどん増えていくことが予測されている。現にすでに空き家が増加していることが問題視されていて、これからますます誰も住まなくなる家というのは増えていくだろう。

これまではマイホームは自分の資産を持つという意味で購入している人も居たが、人口が減って家が余ってくるとマイホームの資産価値というのはどんどん下がっていく事になる。すると、わざわざマイホームを買わずにずっと賃貸に住み続けるという人も増えてくるかもしれない。そこで今後は戸建賃貸住宅の需要が高まると言われているのだ。

狭い土地でも活用できる

マンションやアパートはある程度土地が広く、なおかつ綺麗な整形地であり、土地の形もできるだけ長方形や正方形でなければプランニングをすることが難しい。ところが、土地の形はさまざまで仲には変形地や狭小地を相続したという人も居るだろう。しかし戸建賃貸住宅であれば、狭小地でも変形地でもプランニング次第で建物を建築することができる。自由度が高いというのは戸建賃貸住宅の大きな特徴だ。

ライバルが今は少ない

また、賃貸経営はマンションやアパートがまだまだ主流となっている。実際に賃貸物件の資料を見てもアパートやマンションの1室がほとんどで、戸建住宅そのものを賃貸として貸し出している物件はごく少数だ。そのためライバルが少ない賃貸物件といえるだろう。今から戸建賃貸住宅を運営することで安定した家賃収入を得やすい。

これからの賃貸経営の主流になりえる

住宅が供給過多になってきていることもあり、マンションやアパートの賃貸物件はこれから部屋が余っていくことが予想される。またマイホームを買うという選択をしなくなる人が増えていくという予測もあることから、これから先は戸建賃貸住宅の需要が高まっていくだろう。近い将来賃貸経営の主流になっていく可能性も十分考えられる。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。