realestate

土地活用で賃貸経営を考えるなら戸建賃貸住宅という形を検討すべき!

今は自分で使っていない土地などがある方は、それをどのように活用していこうか、という事に悩んでいることが多いのではないだろうか。土地は価値が高いものではあるが、そのままにしているだけでは利益を生み出すことはない。自分で使わないのであれば、賃貸経営ということについても考えてみる必要がある。特に住まいとして使える戸建賃貸住宅という形についてチェックしていこう。

相続した空き地は不動産物件を建てるべき

相続した空き地、あるいは立っていた家を壊して空き地になったという場合に、そのままにしておくことで固定資産税や都市計画税などが高くなってしまうことがある。建物がある場合と比べて負担が大きくなりやすいのだ。そのまま放置しておくよりも、建物を建てて活用したほうが税金面での負担を抑えやすくなるメリットがある。土地の価格が高いところほど、こうした税金の負担は重くなりがちだが、その反面土地のニーズも高まることから借り手も見つかりやすいという特徴がある。すぐに処分する予定が無いのであれば、賃貸経営で土地活用を検討していくのが良いといえる。

アパートよりも戸建が管理しやすい

賃貸経営を検討し始めた時に、通常はアパートという形を想定することが多いだろう。多くの借り手を持つことで収入も増やしやすいということが考えられるが、それだけ借り手を探すのが難しかったり、管理が困難になりがちだったりという問題も残る。その点、戸建賃貸住宅であれば借り手が一家族ということになるので、借り主探しや管理の問題を減らすことが出来るメリットがあるのだ。

家族が住める戸建は人気

アパートを借りるということになると、上下階での騒音が気になるなどのトラブルを懸念する方もいる。お子さんなどがいると特にその傾向が強く、一戸建てを望む家族が多い。ペットなどを飼いたいという希望も、通常のアパートでは叶えられないことが多いだろう。家族が増えると広さが足りなくなったりという事で、長く住み続けてもらうことがしづらいという事も多い。借り手の出入りが多くなればそれだけ手間も増し、リフォームなども必要になる。人気があり、比較的安定して住み続けてもらえる戸建賃貸住宅なら、安定した土地活用をしやすいというメリットがあるのだ。

後悔しない土地活用のために

相続して使わない土地はそのままにしておくのは非常にもったいない。その価値を活かし、利益につなげていくことが出来るような方法をとるようにしよう。特に住居として人気がある戸建の形での賃貸は、利益を上げるうえで多くのメリットがある。これからの土地活用を検討するなら、後悔しないように情報収集し、方向性を決めて行こう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。